名馬コラム

【名馬コラム】アグネスデジタル 現代競馬へのアンチテーゼ

時代に逆行する異端の万能戦士

現在の競馬は、昔と違ってプロフェッショナル同士の戦いが繰り広げられる。マイラーはマイルのスペシャリストが集まる中で、その雌雄を決する。ステイヤーもスプリンターも、ダートも牝馬も、みなそうだ。各自、得意な分野で力を発揮できるようになっている。しかし、アグネスデジタルは違った。

勝ち取った重賞数は全部で10個。うちG1を6勝。その中身が仰天である。ダートで2勝、芝で3勝、香港で1勝というマルチぶり。芝とダートの両方で重賞を勝つ馬は結構いるし、両GⅠを勝つ馬もたまにはいる。

しかし、古馬になってダートと芝を縦横無尽に駆け巡った馬なんていなかった。デジタルが歩んだG1ロードは、じつに奇想天外である。NHKマイルC→ジャパンダートダービー→マイルCS→安田記念→南部杯→天皇賞(秋)→香港C→フェブラリーS→ドバイワールドカップ→Qエリザベス2世C→安田記念→宝塚記念……。二足の草鞋をはきながら、どの舞台でも主役をはっていたのだから恐れ入る。

しかも、名古屋優駿とマイルCS、安田記念の3鞍でレコード勝ちという凄まじさである。NHKマイルCで負け、そこからダートに本陣に構えるかと思いきや、ユニコーンS1着、武蔵野S2着のあとマイルCSに参戦である。13番人気の低評価もいたしかたなかったが、それを覆すレコード勝利。

その後、芝で3連敗すると、またもやダートに戻る無節操さ。南部杯で2つ目の勲章を手にすると、次に選んだのはなんと天皇賞(秋)だった。

ヒールと化した天皇賞で、ブーイングをかき消す大勝利

当時、天皇賞には外国産馬の出走規制が設けられていた。外国産馬の出走枠は、たったの2頭。出走を表明していたのは、メイショウドトウ、エイシンプレストン、クロフネだった。当時、最強の名をほしいままにしていたテイエムオペラオーとの対決を望まれたのは、メイショウドトウとクロフネ。この3頭の対決で世論は盛り上がっていたのだ。

ところが、それに水を差すデジタルの出走登録。非難ごうごうだったのは言うまでもない。除外されたクロフネが、仕方なく出走した武蔵野S(ダ1600m)で驚異的なレコードで圧勝すると、それら非難の声はさらに大きくなった。

一気に大ヒールと化したデジタルだったが、そんなブーイングもどこ吹く風で、なんと最強のテイエムオペラオーを斬って捨ててしまったのだ。残り200m付近で先頭に立ったテイエムオペラオー。またオペラオーか、のため息とも驚嘆ともわからぬ声の中、大外からものすごい勢いで突っ込んでくる馬がいる。
アグネスデジタルだった。そのまま1馬身差をつけて優勝。3着メイショウドトウには、そこからさらに2馬身半。圧勝だった。

それにしても破天荒な人生である。4年連続でG1を勝つという息の長い活躍に加えて、この節操のない成績。しかし、それはプロフェッショナル競馬へのアンチテーゼだったのかもしれない。

2003/12/28 中山
有馬記念
芝2500m 良
9着 四位 57キロ 12頭 7人
2.32.8(8-8-8-9)
シンボリクリスエス
2003/11/02 東京
天皇賞(秋)
芝2000m 良
17着 四位 58キロ 18頭 4人
2.00.4(10-11-11)
シンボリクリスエス
2003/10/13 盛岡
南部杯
ダ1600m 不
5着 四位 57キロ 14頭 2人
1.37.0(  11-10)
アドマイヤドン
2003/09/15 船橋
日本TV盃
ダ1800m 良
2着 四位 58キロ 14頭 1人
1.52.2(6-6-6-3)
スターキングマン
2003/06/29 阪神
宝塚記念
芝2200m 良
13着 四位 58キロ 17頭 3人
2.13.7(6-6-7-9)
ヒシミラクル
2003/06/08 東京
安田記念
芝1600m 良
1着 四位 58キロ 18頭 4人
1.32.1(    9-8)
(アドマイヤマックス)
2003/05/01 名古
かきつばた記念
ダ1400m 良
4着 四位 59キロ 12頭 4人
1.25.9(         )
ビワシンセイキ
2002/04/21 香港
QエリザベスC
芝2000m 良
2着 四位 57キロ 14頭  人
2.02.6(6-6-7-9)
エイシンプレストン
2002/03/23 アラ首
ドバイWC
ダ2000m 良
6着 四位 57キロ 11頭  人
2.03.8(         )
STREET CRY
2002/02/17 東京
フェブラリーS
ダ1600m 良
1着 四位 57キロ 16頭 1人
1.35.1(    6-6)
(トーシンブリザード)
2001/12/26 香港
香港C
芝2000m 良
1着 四位 57キロ 14頭  人
2.02.8(         )
(TOBOUGG)
2001/10/28 東京
天皇賞(秋)
芝2000m 重
1着 四位 58キロ 13頭 4人
2.02.0(9-10-7)
(テイエムオペラオー)
2001/10/08 盛岡
南部杯
ダ1600m 良
1着 四位 56キロ 9頭 1人
1.37.7(    2-1)
(トーホウエンペラー)
2001/09/19 船橋
日本TV盃
ダ1800m 良
1着 四位 58キロ 9頭 3人
1.51.2(3-3-3-1)
(タマモストロング)
2001/06/03 東京
安田記念
芝1600m 良
11着 四位 58キロ 18頭 6人
1.34.1(  16-15)
ブラックホーク
2001/05/13 東京
京王杯SC
芝1400m 良
9着 四位 59キロ 18頭 4人
1.20.7(  12-13)
スティンガー
2001/01/05 京都
京都金杯
芝1600m 良
11着 的場 58キロ 16頭 3人
1.33.8(    7-8)
ダイタクリーヴァ
2000/11/19 京都
マイルCS
芝1600m 良
1着 的場 55キロ 18頭 13人
1.32.6(  15-15)
(ダイタクリーヴァ)
2000/10/28 東京
武蔵野S
ダ1600m 良
2着 的場 55キロ 16頭 4人
1.35.6(    3-3)
サンフォードシチー
2000/09/30 中山
ユニコーンS
ダ1800m 良
1着 的場 56キロ 16頭 1人
1.50.7(3-3-3-4)
(マチカネラン)
2000/07/12 大井
JDダービー
ダ2000m 良
14着 的場 56キロ 16頭 1人
2.09.3(4-4-4-4)
マイネルコンバット
2000/06/14 名古
名古屋優駿
ダ1900m 重
1着 的場 55キロ 12頭 3人
1.59.8(         )
(マイネルコンバット)
2000/05/07 東京
NHKマイルC
芝1600m 良
7着 的場 57キロ 18頭 4人
1.34.3(    7-7)
イーグルカフェ
2000/04/08 中山
NZT
芝1600m 良
3着 的場 56キロ 15頭 7人
1.34.5(  2-2-3)
エイシンプレストン
2000/03/12 中山
クリスタルC
芝1200m 良
3着 的場 56キロ 16頭 8人
1.10.3(    10-8)
スイートオーキッド
2000/02/20 東京
ヒヤシンスS
ダ1600m 良
3着 的場 57キロ 12頭 3人
1.37.8(    4-3)
ノボジャック
1999/12/23 川崎
全日本3歳優駿
ダ1600m 良
1着 的場 54キロ 12頭 1人
1.41.1(         )
(ツルミカイウン)
1999/11/27 東京
500万下
ダ1600m 良
1着 的場 54キロ 13頭 1人
1.38.2(    2-2)
(ファインイレブン)
1999/11/07 京都
もちの木賞
ダ1400m 良
2着 福永 54キロ 16頭 1人
1.25.1(    5-4)
スリーフォーナイナ
1999/10/09 京都
もみじS
芝1200m 良
8着 福永 53キロ 10頭 7人
1.09.7(    4-7)
エンドアピール
1999/10/02 阪神
新馬
ダ1200m 良
1着 福永 53キロ 8頭 1人
1.13.0(    2-2)
(ツルマルアラシ)
1999/09/12 阪神
新馬
ダ1400m 良
2着 福永 53キロ 7頭 2人
1.26.6(    1-1)
マチカネラン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA