予想

トリコロールブルー時計勝負になれば力量上位【青葉賞の予想】

こんばんわ、ウキョーです。
明日の青葉賞は、個人的にはマイネルスフェーンを買いたかったのですが、本命はトリコロールブルーになりました。
どっち買おうか迷ってます。

 
東京芝2400mのコースデータはこちら→

 
【予想優先順位】
1.騎手
2.タイム
3.展開
4.戦績
5.コース特性




【1.騎手】
11番トリコロールブルー
 4番ポポカテペトル
 5番ダノンキングダム
 8番タガノアシュラ
12番イブキ

 
【2.タイム】
10番アドミラブル
11番トリコロールブルー
 9番ベストアプローチ
 7番マイネルスフェーン
 6番アドマイヤウイナー

マイナスポイント
→ 2番サーレンブラント
→ 3番アグネスウイン
→12番イブキ

 
【3.展開】
10番アドミラブル
 7番マイネルスフェーン
 6番アドマイヤウイナー
 2番サーレンブラント
 8番タガノアシュラ

 
【4.戦績】
 2番サーレンブラント
 9番ベストアプローチ
11番トリコロールブルー
 3番アグネスウイン
12番イブキ

マイナスポイント
→ 1番スズカロング
→ 6番アドマイヤウイナー
→10番アドミラブル

 
【5.コース特性】
10番アドミラブル
 4番ポポカテペトル
11番トリコロールブルー
 9番ベストアプローチ
12番イブキ

マイナスポイント
→ 2番サーレンブラント
→ 1番スズカロング
→ 5番ダノンキングダム

 
【軸推奨馬】
◎11番トリコロールブルー
○ 9番ベストアプローチ
▲10番アドミラブル
△ 7番マイネルスフェーン
× 8番タガノアシュラ

◎トリコロールブルーは、前走のスプリングS(中山芝1800m)で外を回らされた結果、5着に敗退し、目標をダービーに切り替えてきた。そのスプリングSは相性の悪いコースなので、今回に限っては負けて良かった。コース得意の戸崎騎手に乗り替わるのも好材料。ただ、スローの瞬発力勝負に強いタイプなので、今回はタガノアシュラの出方しだいのところもあるが、それでも連対圏なら。

○ベストアプローチは、相性の良いコースのトータル成績が【1 1 1 1】で、掲示板を外したのは前々走のセントポーリア賞(東京芝1800m)の6着。そのセントポーリア賞がレースタイム差-0.8だったので、時計が速くなると厳しくなる。それでも、今回は有利枠を引けたので、なんとかなりそう。

▲アドミラブルは、前々走の未勝利戦(阪神芝1800m)を800m通過46.7秒-1000m通過58.5秒のハイペースで勝ち切っており、スローのヨーイドンばかりで結果を出してきたライバルとは経験値が違う。とはいえ、前走のアザレア賞(阪神芝2400m)のレースタイム差が+1.2と物足りず、単穴まで。

△マイネルスフェーンは、ホープフルS(中山芝2000m)が1000m通過60.3秒の平均ペースを、ラスト36.0秒でレイデオロの2着。レースタイム差は-0.3だった。続く京成杯(中山芝2000m)がレースタイム差+0.9で3着だから、時計が速くなる東京芝2400mに替わるのは好材料。

×タガノアシュラは、ハイペースのスタミナ勝負に持ち込めれば連対圏。

 

京都メインの天王山Sの予想はこちら→(◎6番ワディ)
新潟メインの邁進特別の予想はこちら→(◎15番ライトフェアリー)
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA