予想

【青葉賞】ディアスティマ 時計が速くなれば重賞でも好勝負可

こんばんわ、ウキョーです。
青葉賞がオープン特別として創設されてから、いまだにダービー馬が出ていません。シンボリクリスエスもゼンノロブロイも、フェノーメノも2着まで。
さて、今年はどの馬が勝ってダービーへ向かうのでしょうか。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 フィリオアレグロ
2 アラタ × ×
2
3 オーソリティ × ×
4 ブルーミングスカイ
3
5 ディアマンミノル ×
6 レアリザトゥール ×
4
7 ヴァルコス ×
8 アピテソーロ ×
5
9 アイアンバローズ
10 ダノンセレスタ ×
6
11 フィロロッソ
12 メイショウボサツ ×
7
13 ロールオブサンダー × ×
14 サーストンカイドー × ×
15 フライライクバード
8
16 プリマヴィスタ
17 ディアスティマ
18 コンドゥクシオン ×

【軸推奨馬】
◎17番ディアスティマ
○ 1番フィリオアレグロ
▲16番プリマヴィスタ
△ 5番ディアマンミノル
× 4番ブルーミングスカイ

◎ディアスティマは、レースタイム差+1.9だった大寒桜賞で2着に来ているが、レースタイム差-1.8の新馬戦を勝っているように、本質的には時計が速くなって良いタイプ。本来合わないはずの時計での好走は、力の証と見ていい。反動が心配だが、力だけならあっさりも。

○フィリオアレグロは、相性の良い共同通信杯で3着好走と、キャリア2戦でも実績面では見劣らない。その共同通信杯はレースタイム差+1.8と時計がかかったが、新馬戦は重馬場ながら、レースタイム差-1.3の高速決着だった。良馬場なら、さらに時計は詰められるだろう。

▲プリマヴィスタは、相性の良い阪神芝2000mで未勝利勝ち、さらにその未勝利戦がレースタイム差-1.7の高速決着だった。前走のひめさゆり賞では、中団インから直線で外に出して伸びてきたが、若干窮屈な印象があっただけに、大箱の東京コースに替わるのはアドバンテージ。

△ディアマンミノルは、とにかく時計がかかってほしい。×ブルーミングスカイは、コース得意の北村宏騎手の手腕に期待。

京都メインの天王山Sの予想はこちら→(◎7番ヴァニラアイス)
福島メインの福島放送賞の予想はこちら→(◎9番リトミカメンテ)



応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA