【青葉賞】レインフロムヘヴン 折り合いに不安残すもコース得意の石橋脩騎手が渾身騎乗

 

こんばんわ、ウキョーです。
先週の東京芝は、土曜日が馬場差-0.9、日曜日が馬場差-1.2の高速馬場でした。
ただ、週中の雨の影響で、今日のクッション値は8.4まで下がっており、どこまで回復するかは当日になって見ないとわかりません。
一応、ある程度までは回復することを見込んで予想します。スピードランク上位馬は、ワンダフルタウン、リーブルミノル、テーオーロイヤル、アウスヴァール、ノースブリッジです。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アランデル ×
2 ワンダフルタウン
2
3 ノースブリッジ
4 バーボンハイボール × × ×
3
5 ワンデイモア
6 アオイショー
4
7 レッドヴェロシティ ×
8 マテンロウエール
5
9 テンカハル
10 キングストンボーイ × ×
6
11 テーオーロイヤル
12 スワーヴエルメ
7
13 アウスヴァール × ×
14 グレアリングアイ ×
15 リーブルミノル ×
8
16 レインフロムヘヴン
17 タガノカイ
18 モンテディオ ×

【軸推奨馬】
◎16番レインフロムヘヴン
○15番リーブルミノル
▲ 7番レッドヴェロシティ
△ 5番ワンデイモア
× 2番ワンダフルタウン

◎レインフロムヘヴンは、前走のスプリングSでは出負けした上に、隣の馬と接触してまったく競馬に参加できなかった。前々走のフリージア賞は、前半1000m60.8秒のスローペースながら、二枚腰で逃げ切り。気性面の幼さは不安材料ではあるが、すんなり行ければやすやすとは止まらない。重賞でも力は足りるはず。

○リーブルミノルは、前走のアザレア賞で前半1200m74.4秒-後半1200m71.9秒のスローペースを、2着以下に1+1/4馬身。好位追走から上がり最速の33.9秒だから、完勝と言っていい。ここもペースは緩くなりそうで、本番はともかく今回だけなら上位争い可。

▲レッドヴェロシティは、前走の水仙賞で前半1000m65.0秒の超スローペースでも、2番手でぴったり折り合い、上り34.2秒で2着以下に1+1/4馬身差の完勝。負かしたのがマカオンドールとアサマノイタズラなら、同馬も重賞で通用する力はある。

△ワンデイモアは、とにかく時計がかかってほしい。×ワンダフルタウンは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神メインの天王山Sの予想はこちら→(◎10番ジェネティクス)
新潟メインのバーデンバーデンCの予想はこちら→(◎13番マイネルアルケミー)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA