【有馬記念】オーソリティ 時計がかかる馬場ならこのメンバー相手でもチャンスあり

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝はかなり時計がかかっており、時計勝負に強いスピードタイプには厳しい状況になっています。スピードランク上位のバビット、フィエールマン、クロノジェネシスあたりは他項目のプラスアルファが必要になりそうです。
また、上りがかかるコースでもあり、瞬発力勝負に長けた馬も苦戦を強いられそうです。ラッキーライラックには嫌な馬場となりそうです。

中山芝2500mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 バビット      
2 ブラストワンピース ×      
2
3 クレッシェンドラヴ   ×      
4 ラヴズオンリーユー    
3
5 ワールドプレミア    
6 キセキ    
4
7 ラッキーライラック ×    
8 ペルシアンナイト ×   ×    
5
9 クロノジェネシス        
10 カレンブーケドール      
6
11 モズベッロ ×   ×  
12 オーソリティ    
7
13 フィエールマン    
14 サラキア        
8
15 オセアグレイト × ×      
16 ユーキャンスマイル × ×    

【軸推奨馬】
◎12番オーソリティ
○13番フィエールマン
▲ 4番ラヴズオンリーユー
△ 6番キセキ
× 5番ワールドプレミア

◎オーソリティは、浅いキャリアながら相性の良いコースで【2 0 1 1】の好成績で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は、2歳時のホープフルS 中山芝2000m)5着。前走のアルゼンチン共和国は、レースタイム差+0.4と時計がかかっていたが、時計がかかっている今の中山芝は願ってもない舞台となる。前走は、骨折明けで+12キロと若干太目残りで、叩いた上積みも期待できる。

○フィエールマンは、相性の良いコースのトータル成績が【3 1 1 1】で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は去年の有馬記念4着。ただ、冒頭にも書いた通り、同馬は瞬発力勝負に強いタイプで、今の中山芝が合っているわけではない。そこを、有利枠とコース得意のルメール騎手でどこまで保管できるか。

▲ラヴズオンリーユーは、相性の良いコースで【1 1 1 0】と、それほど強調できる戦績ではないが、鳴尾記念2着にエリザベス女王杯3着なら及第点といったところ。スピードランク13位なので、時計がかかっている今の中山芝はバッチリ。コース得意のMデムーロ騎手なら復活のVも十分あり。

△キセキは、なるべく時計がかかってほしい。×ワールドプレミアは、コース得意の武豊騎手の手腕に期待。

阪神メインのギャラクシーSの予想はこちら→(◎4番スマートダンディー)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA