次走の注目馬

【次走の注目馬】2022年1月15日、16日の”次走の注目馬”

こんばんわ、ウキョーです。
今日は、先週の土・日のレースの中で「次走の注目馬」に選ばれた馬を書いていきます。

次走の注目馬・アイコンテーラー(愛知杯・中京芝2000m)

土曜の中京メインで行われた愛知杯は、レースタイム差+0.4と時計がかかっていた。
実際、勝った▲ルビーカサブランカがスピードランク6位、2着×マリアエレーナが同8位、3着デゼルが同14位で、スピードランク上位の馬たちは揃って馬群に沈んだ。

そんな中、スピードランク1位だったアイコンテーラーは、コンマ3秒差5着に逃げ粘った。

51キロの軽量が利いたのは確かだが、昇級初戦でワーストランクの亀田騎手を背にコンマ3秒差だから、地力強化は明らか。別定、定量戦だとまだ厳しいかもしれないが、ハンデ戦や牝馬限定戦なら楽しみな一頭だ。

3歳戦の注目馬はインザオベーション(未勝利・小倉芝2000m)

先週の3歳戦で最も見どころがあったのは、土曜日の小倉第6Rで行われた未勝利戦(芝2000m)である。

馬場差-1.9で、レースタイム差-2.2

土曜の小倉芝はかなりの高速決着だったものの、レースタイム差-2.2なら及第点以上を与えられる。

勝ったインザオベーションは、前半1000m59.6秒-後半1000m60.3秒の平均ペースながら、ラスト3Fが12.4秒-12.2秒-11.9秒と加速しているラップの中、4角手前から仕掛けて自身は上がり最速36.1秒の完勝。

3歳戦で同じようなラップ形態では、過去には中日新聞杯と新潟記念を勝ったマーティンボロの名も挙がり、インザオベーションにも今後の期待がかかる。


応援よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA