【ダービー卿CT】ボンセルヴィーソ 7歳の今年も中山マイルなら好勝負可

   2021/04/03

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝は、相変わらず時計がかかっており、今週も時計勝負に強いスピードタイプには厳しい馬場となりそうです。
スピードランク上位はスマイルカナ、テルツェット、ソーグリッタリング、ルフトシュトロームあたりは、評価を一枚下げました。

中山芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 スマイルカナ    
2 ボンセルヴィーソ  
2
3 ソーグリッタリング ×      
4 ルフトシュトローム      
3
5 ブラックムーン        
6 レイエンダ ×      
4
7 ベステンダンク ×   ×  
8 ショウナンライズ ×   ×    
5
9 テルツェット    
10 マイスタイル        
6
11 カテドラル      
12 メイショウチタン ×      
7
13 トーラスジェミニ     ×
14 アトミックフォース   ×  
8
15 エメラルファイト        
16 ウインカーネリアン  

【軸推奨馬】
◎ 2番ボンセルヴィーソ
○16番ウインカーネリアン
▲ 1番スマイルカナ
△ 9番テルツェット
× 4番ルフトシュトローム

◎ボンセルヴィーソは、相性の良いコースで【1 2 5 4】とそれほど強調できないが、掲示板を外したのは折り合いを欠いた去年の東風S12着と、スワンS11着だけ。スピードランク7位で、時計がかかる今の中山芝は合っている。鞍上の木幡巧騎手はランク外だが、騎乗回数が少ないだけで苦手ではない。

○ウインカーネリアンは、相性の良いコースのトータル成績が【4 2 0 3】で、掲示板を外したのは3歳時の弥生賞8着だけ。前走の幕張Sでは、前半800m45.5秒のハイペースを、2番手追走から上がり最速の34.5秒で、後続に2馬身半差だから強かった。ハンデ戦なら重賞でも通用する。

▲スマイルカナは、相性の良いコースで【4 1 1 1】の安定感で、掲示板を外したのはチューリップ賞7着だけ。そのチューリップ賞もコンマ5秒差なら問題ない。前走のターコイズSは、前半800m46.5秒-後半800m48.1秒のハイペースを2番手追走から押し切る強い内容。1キロ増となるも、55キロなら好勝負になる。

△テルツェットは、なるべく時計が速くなってほしい。×ルフトシュトロームは、コース得意のルメール騎手の手腕に期待。

阪神メインのコーラルSの予想はこちら→(◎5番メイショウテンスイ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA