【越後S】マラードザレコード 新潟ならゲートも粘りも違ってくる

 

こんばんわ、ウキョーです。
新潟は雨模様で、ダートの時計速くなりそうです。新潟ダ1200mはもともと時計が速いコースなので、かなりの高速決着が予想されます。

新潟ダ1200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 マイネルラック
2
2 プレシャスルージュ
3 メイショウギガース ×
3
4 ジェネティクス
5 マラードザレコード
4
6 スナークスター ×
7 ヒイナヅキ
5
8 ルーチェソラーレ × ×
9 アイオライト
6
10 シスル ×
11 エアコンヴィーナ ×
7
12 ゲキリン
13 ショウナンカイドウ × ×
8
14 オスカールビー × × ×
15 ロンドンテソーロ ×

【軸推奨馬】
◎ 5番マラードザレコード
○ 9番アイオライト
▲12番ゲキリン
△ 4番ジェネティクス
× 7番ヒイナヅキ

◎マラードザレコードは、相性の良いコースで【1 1 1 2】と強調できないが、新潟ダ1200mに限れば【1 1 1 0】。この3戦は、すべてすんなり逃げられている。他コースではなかなか先手を取れないのに、新潟に替わるとハナを奪えるという新潟専用機。前走の八海山Sも前半600m33.4秒のハイペースを逃げ粘っており、コース相性は抜群と言っていい。

○アイオライトは、初古馬戦と相手が揃うも、このメンバーに入ってもスピードランク1位と堂々たるもの。鞍上の武藤騎手はコースランク13位(連対率20.6%)と得意にしており、好勝負は可能。ハンデ54キロは他馬に比べて重い感はあるが、休み明けをひと叩きして、ここが狙いは明らかで、巻き返しは必至。

▲ゲキリンは、準オープンに昇級してから結果は出ていないが、前走の天満橋S(阪神ダ1400m)8着には見どころがあった。前半600m34.2秒-後半600m38.0秒の超ハイペースを2~3番手追走からコンマ6秒差だから、前にさえ行ければそこそこ粘れる。理由はわからないが、左回りはゲートが良いので、ここも先行できれば粘りも違ってくる。

△ジェネティクスは、なるべく時計が速くなってほしい。×ヒイナヅキは、逆に時計がかかって連対圏。

札幌メインのしらかばSの予想はこちら→(◎5番アカネサス)




競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA