予想

流れが速くなってタガノトネールが粘りきる【フェブラリーSの予想】

こんばんわ、ウキョーです。
明日は、いよいよフェブラリーSですよ!
大好きなレースですからね。当てたいんです。
でも、大好きなレースなんで、好きな馬を買いたいという思いもありまして……。。

東京ダ1600mのコースデータはこちら→

【予想優先順位】
1.戦績
2.タイム
3.展開
4.コース特性
5.展開




  
【1.戦績】
16番ローマンレジェンド
 7番ノンコノユメ
 3番コパノリッキー
 5番ベストウォーリア
13番タガノトネール

マイナスポイント
→12番マルカフリート
→ 6番ロワジャルダン
→ 8番コーリンベリー

 
【2.タイム】
 7番ノンコノユメ
11番スーサンジョイ
14番モーニン
13番タガノトネール
 2番ホワイトフーガ

マイナスポイント
→ 1番パッションダンス
→15番サノイチ
→ 9番モンドクラッセ

 
【3.展開】
13番タガノトネール
 4番アスカノロマン
 5番ベストウォーリア
 2番ホワイトフーガ
14番モーニン

 
【4.コース特性】
 7番ノンコノユメ
 2番ホワイトフーガ
 5番ベストウォーリア
 3番コパノリッキー
 6番ロワジャルダン

マイナスポイント
→15番サノイチ
→ 9番モンドクラッセ
→16番ローマンレジェンド

 
【5.騎手】
14番モーニン
 7番ノンコノユメ
16番ローマンレジェンド
 3番コパノリッキー
 6番ロワジャルダン

 
【軸推奨馬】
◎13番タガノトネール
○14番モーニン
▲ 5番ベストウォーリア
△ 7番ノンコノユメ
× 4番アスカノロマン

◎タガノトネールは、相性の良いコースで【1 2 1 2】と強調できるほどでもないが、相性の悪いコースで勝ったのが3歳時の500万下平場戦だけで、昇級後は全敗しており好感が持てる。時計勝負に強いタイプで、雨が降って脚抜きが良くなれば理想的。また、右回りより左回りの方が良いタイプで、前走の根岸Sを叩いて全力投球。根岸Sを勝たねばならなかったモーニンより、上積みが見込める。タフな流れで粘り強さを発揮するので、モーニンやアスカノロマン、コーリンベリーといったハイペースでこそのタイプが揃ったのは好都合。人気ほどの差はない。

○モーニンは、相性の良いコースで【2 0 1 0】と安定しており、G1メンバーに入っても遜色はない。時計勝負でこそのタイプで、前走の根岸S(東京ダ1400m)もレースタイム差-1.0の高速決着を圧勝しており、脚抜きが良い馬場になれば有利になる。また、根岸Sで経験したタフなレースは、必ず今後に活きてくるはずで、武蔵野Sで完敗したノンコノユメとの差は縮められる。ただ、その根岸Sを勝たなければここに出走できなかったことを考えると、前走である目一杯に仕上げていた可能性もあり、対抗に落とした。

▲ベストウォーリアは、相性の良いコースのトータル成績が【3 1 1 1】で、掲示板を外したのは初挑戦だった4歳時のフェブラリーS(東京ダ1600m)だけ。今回はスピードタイプが揃ってタイム項目に加点はないが、時計勝負に対応できるだけのスピードはある。有利枠を引いた今年こそ、3度目の正直を狙う。

△ノンコノユメは、時計が速くなればなるほど有利。×アスカノロマンは、若干時計がかかってほしい。

 

小倉メインの小倉大賞典の予想はこちら→(◎15番コスモソーンパーク)
京都メインの斑鳩Sの予想はこちら→(◎9番メラグラーナ)
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA