【フィリーズレビュー】ポールネイロン 前走大敗も距離短縮で妙味あり

 

こんばんわ、ウキョーです。
土曜の阪神芝は、稍重ながら時計は出ていました。午後からは天気も回復しており、フィリーズレビューも時計勝負になりそうです。
フィリーズレビューは、桜花賞にはなかなか直結しませんが、今年は意外とメンバーが揃ったように思います。ハイレベルなレースになるかもしれません。

阪神芝1400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ゴールドチャリス   × ×  
2 テリーヌ     × ×  
2
3 エルカスティージョ  
4 アンブレラデート ×  
3
5 シゲルピンクルビー    
6 クープドクール   ×    
4
7 ポールネイロン
8 ヨカヨカ    
5
9 ラヴケリー        
10 ヴァ―チャリティ   ×
6
11 ララクリスティーヌ ×  
12 ブルーバード ×  
7
13 ミニーアイル ×  
14 ラストリージョ    
15 エイシンヒテン  
8
16 オパールムーン  
17 フリード ×    
18 スティクス      

【軸推奨馬】
◎ 7番ポールネイロン
○16番オパールムーン
▲ 3番エルカスティージョ
△15番エイシンヒテン
× 5番シゲルピンクルビー

◎ポールネイロンは、新馬戦勝ちがレースタイム差-2.4、ききょうS勝ちがレースタイム差-1.8と時計勝負に強いスピードタイプで、時計が速い今の阪神芝はピッタリ。前走の阪神JFは直線一杯のレース振りからも、1F長かった印象。コース得意の藤岡佑騎手が連続騎乗となるのは心強く、先行策が取れれば巻き返し十分。

○オパールムーンは、前々走のファンタジーS2着が秀逸。前半600m34.1秒のハイラップだったとはいえ、上がり最速33.5秒でメイケイエールに3/4馬身差まで詰め寄った。上り次点とはコンマ7秒差だから、まさに他馬が止まって見えた。不器用な競馬しかできないので取りこぼしも考えられるが、大きく崩れることはないだろう。

▲エルカスティージョは、デビュー戦がレースタイム差-0.8とまずまずの時計で勝ちあがり。その新馬戦は平均ペースだったが、2F目から一気にペースアップする変則ラップで、それを3番手追走から上り34.9秒だから強かった。ここもハイペース必至で、消耗戦での好走経験が生きてくる。

△エイシンヒテンは、なるべく時計が速くなってほしい。×シゲルピンクルビーは、逆に時計がかかって連対圏。

中山メインのアネモネSの予想はこちら→(◎2番スンリ)
中京メインの金鯱賞の予想はこちら→(◎3番ブラヴァス)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA