重賞分析

【CBC賞の展望】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
今週から阪神が閉幕し、小倉が開幕します。週末は雨が降る予報になっていますが、開幕週だけに、ある程度の雨量なら持ちこたえられると思います。

それでは、CBC賞の人気馬たちの死角について、重箱の隅をつついてみます。
同時に、穴馬になれる資格のある馬たちを探します。

小倉芝1200mの傾向

有利枠 2枠・3枠・6枠・8枠
不利枠 4枠・5枠・7枠
脚質 逃げ・先行
騎手 3割超 福永騎手・川田騎手
人気 福永騎手
人気薄 川田騎手・和田竜騎手
 予想優先順位
1位
タイム
2位
展開
3位
コース特性
4位
騎手
5位
戦績

小倉芝1200mは、時計が速くなるコースで、時計勝負に対応できないと苦戦を強いられる。

逃げ馬と先行馬に有利なコースで、後方一気はほぼ決まらない。

有利枠は2枠、3枠、6枠、8枠で、不利枠は4枠、5枠、7枠

連対率3割を超える騎手は福永騎手(ピクシーナイト騎乗予定)と、川田騎手(タイセイビジョン騎乗予定)。

人気で安定しているのは、福永騎手(ピクシーナイト騎乗予定)。

人気薄なら川田騎手(タイセイビジョン騎乗予定)と、和田竜騎手(ヨカヨカ騎乗予定)。

CBC賞で人気、話題になりそうな馬

アウィルアウェイ  評価:A
戦績ランク6位 スピードランク5位

相性の良いコースで【3 0 1 5】と、着外が多すぎて戦績面ではプラスにはならない。1200mの持ち時計は1.08.1で、基準タイム差-0.1だから、開幕週に合うかというと疑問符がつく。ただ、今回のメンバーに入るとスピードランク5位なので、ある程度時計が速くなってもOK
昨年、久しぶりのマイルで大敗してからリズムを崩しており、脚質的にもここでの復活は厳しいが、騎乗予定の松山騎手がコース得意なので、有利枠を引ければ連下。

クリノアリエル  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク6位

相性の良いコースで【1 0 2 5】と強調できないが、直近の相性の悪いコースで3連敗を喫しており、行って来いで戦績項目はプラス。ただ、相性の良い前走の準OPで6着に負けているのはいただけない。
スピードランクも今回のメンバーに入ると6位とちょい足らずなので、少しでも時計がかかってほしい。しかし、前述の準OP・朱雀Sで6着にまけたおかげで50キロの軽ハンデ。とはいえ、有利枠を引いても連下までか。

クーファウェヌス  評価:A
戦績ランク2位 スピードランク1位

相性の良いコースで【1 2 5 4】と、それほど強調できないが、複勝率67%なら及第点。1勝クラス勝ちがレースタイム差-0.9、2勝クラス勝ちがレースタイム差-0.6なので、時計が速くなった方が良い
馬体重500キロを超えてから成績が上がっていないので、馬体を絞りやすい暑い時期の方が良いのかもしれない。格下なのでハンデは51キロ。有利枠を引ければ勝ち負けになっても。

タイセイビジョン  評価:C
戦績ランク12位 スピードランク9位

相性の良いコースのトータル成績が【1 0 0 2】で、掲示板を外したことはない。馬券圏外もNHKマイルC4着、富士S5着だから悪くない。ところが、相性の悪いコースで【2 2 0 2】と、相性の良いコースより好成績。これでは戦績面では推せない
アーリントンC勝ちがレースタイム差+0.1で、前走の京王杯SCがレースタイム差-1.0で12着だから、時計がかかった方が良い。開幕のスピード競馬だと厳しい

ビオグラフィー  評価:C
戦績ランク10位 スピードランク7位

相性の良いコースで【1 0 0 5】と強調できない。1勝を挙げているのが2勝クラスを卒業した豊橋特別で、レースタイム差+1.8だから、時計勝負になると苦戦は必至
ただ、前走の京王杯SCは初重賞挑戦ながら、コンマ3秒差5着に善戦しており、そのレースタイム差が-1.0の高速決着。騎乗予定の藤岡康騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければワンチャンある。

ピクシーナイト  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク8

相性の良いコースで【1 0 1 1】で、掲示板を外したのは前走のNHKマイルC12着。キャリアの浅さを考えれば、戦績面は悪くない。1200m戦は初めてだが、NHKマイルCは折り合いを欠いて惨敗だったので、距離短縮はアドバンテージになる可能性はある。シンザン記念勝ちがレースタイム差-1.7だから、開幕週の高速馬場は合っている。騎乗予定の福永騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければ本命候補。

ヨカヨカ  評価:S
戦績ランク1位 スピードランク3位

相性の良いコースのトータル成績が【2 2 0 1】で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外はファンタジーS5着。中身も、フィリーズレビュー2着、葵S2着だから、今回のメンバーなら実績面では及第点以上。フィリーズレビューはレースタイム差-0.4で、時計勝負もOK。前半800m45.2秒のハイペースを、4角4番手の積極さで2着好走だから、古馬に入っても好走できる下地はある

CBC賞の注目馬はメイショウチタン

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、クーファウェヌスメイショウチタンヨカヨカの3頭。

クーファウェヌスヨカヨカは紹介してしまったので、ここではメイショウチタンを取り上げる。

相性の良いコースで【3 1 1 7】と、着外の回数は多いものの、3勝4連対なら、今回のメンバーなら上位扱い。さらに、相性の悪いコースで【0 0 1 5】とまったく走れておらず、戦績面では高評価。

近走では、レースタイム差-1.5の鞍馬Sで4着、同-1.6の安土城Sで3着と好走を続けており、時計勝負濃厚な開幕週は絶好の舞台

騎乗予定の松若騎手がランク外だが、有利枠を引ければ本命候補。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA