重賞分析

【セントウルSの展望】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
夏競馬が終わり、今週から中山、中京開催が始まって秋競馬へ移行します。
紫苑S、京王杯AH、セントウルSが行われますが、今日はセントウルSの展望をしていきます。

セントウルSで思い出すのは、エイシンワシントンです。セントウルSを勝ったのは3歳の秋で、その後OP特別を3勝、CBC賞を勝ちました。
当時のスプリント戦線は、フラワーパーク、ビコーペガサス、ヒシアケボノといった面々で、サクラバクシンオーとも一度、マサラッキとも一度対戦経験があります。

語り草なのはラストランとなったスプリンターズS。フラワーパークとの大接戦は、10分以上の写真判定の結果、わずか1㎝差で2着と涙をのみました。

中京芝1200mの傾向

有利枠 3枠・6枠・7枠・8枠
不利枠 2枠・4枠・5枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超 福永騎手
人気 福永騎手・松山騎手
人気薄 浜中騎手
 予想優先順位
1位
タイム
2位
展開
3位
騎手
4位
戦績
5位
コース特性

中京芝1200mは、それほど時計は速くならない。とはいえ、今週は開幕週なので、ある程度のスピードは必要になりそう。

差し、追い込み馬が強いコース。逃げ馬が残ることもあるが、先行勢は厳しいレースを強いられる。

有利枠は3枠、6枠、7枠、8枠で、不利枠は2枠、4枠、5枠

連対率3割を超える騎手は福永騎手(ピクシーナイト騎乗予定)。

人気で安定しているのは、福永騎手(ピクシーナイト騎乗予定)と、松山騎手(カレンモエ騎乗予定)。

人気薄なら、浜中騎手(ジャンダルム騎乗予定)。

セントウルSで人気、話題になりそうな馬

カレンモエ  評価:S
戦績ランク2位 スピードランク2位

相性の良いコースで【2 3 0 0】の安定感で、京阪杯、オーシャンS、函館SSと3戦連続2着と、実績面でも悪くない。
京阪杯がレースタイム差+0.3、オーシャンSが同+0.4、函館SSが同-0.8と、相性が良いコースなら時計は不問。開幕週の中京芝は時計が読みづらいが、カレンモエにとってはどちらに転んでも問題ない。重賞で惜敗が続くが、いつ重賞を勝っても驚けない。

クリノガウディー  評価:B
戦績ランク16位 スピードランク7

相性の良いコースで【2 1 0 9】と着外が多くて強調できないが、高松宮記念1着(4着降着)、安土城S1着と、実績面では群を抜いている。
高松宮記念で降着になってから、しばらくリズムを崩していたが、岩田康騎手に乗り替わってOP特別2連勝と、完全に手が合っている。その岩田康騎手がコースを得意にしており、有利枠を引ければ勝ち負けに加われる。

シゲルピンクルビー  評価:D
戦績ランク10位 スピードランク16位

まだまだキャリアは浅いが、相性の良いコースで【2 0 0 3】と、コース経験は問題ない。ただ、着外3度、そのうち2度が2桁着順となっており、このメンバーに入ると強くは推せない。
唯一の重賞勝ちのフィリーズレビューがレースタイム差-0.8だから、ある程度時計が速くなっても対応できる。ただ、G1で結果が出なかったことが災いし、このメンバーに入るとスピードランク16位なので、できれば時計はかかってほしい

ナランフレグ  評価:C
戦績ランク8位 スピードランク8

相性の良いコースのトータル成績が【1 2 0 4】で、掲示板を外したのは去年と今年の春雷S6着の2回。右回りのコーナリングがあまり上手くないので、左回りではすべて掲示板を確保している。
オープン昇級後に勝鞍はないが、3着のシルクロードSがレースタイム差+0.8、2着の淀短距離Sが同-0.4、2着の鞍馬Sが同-1.5となっており、コース相性さえよければ時計は不問。ただ、スピードランク8位なので、時計はかかった方がよい。

ピクシーナイト  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク14位

キャリアが浅く、相性の良いコースで【0 0 1 1】と戦績面では一息。アーリントンC4着の実績はあるが、さすがに今回のメンバーに入ると実績面でも強く推せない
唯一の重賞勝ちのシンザン記念がレースタイム差-1.7で、2着だったCBC賞が同-1.4と、時計勝負に強いスピードタイプなので、開幕週の高速馬場はピッタリ。騎乗予定の福永騎手がコースを得意にしており、有利枠を引ければ上位争いも可。

ラウダシオン  評価:B
戦績ランク8位 スピードランク1

相性の良いコースで【2 0 1 3】と悪くはないが、2勝がデビュー戦ともみじSで、着外が朝日杯FS、マイルCS、高松宮記念だから、実績面からは強く推せない。
G1勝ちのNHKマイルCがレースタイム差-1.6と、時計勝負に強いスピードタイプ。快速馬が揃った今回もスピードランク1位だから、開幕週の高速馬場はアドバンテージになる。騎乗予定のMデムーロ騎手がランク外なので、有利枠は引きたいところ。

レシステンシア  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク6位

相性の良いコースのトータル成績が【4 2 1 1】で、掲示板を外したのは昨年のマイルCS8着だけ。そのマイルCSは半年の休み明けだったので、休み明けの今回も当日の気配には注意したい。
レースタイム差-2.0の阪神JFを勝ち、古馬になってからも同-1.8の阪急杯を勝っているように、とにかく時計が速くなってこそのスピードタイプ。開幕週の高速馬場はアドバンテージ。

セントウルSの注目馬はジャンダルム

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、ジャンダルムだけ。

相性の良いコースで【3 0 1 2】の安定感。さらに、相性の悪いコースで【1 0 1 5】と走れておらず、今回のメンバーの中ではローテーションは最も合っている。

今春の春雷S勝ちがレースタイム差-0.7で、後続に2馬身半差の圧勝で、高速決着のスプリント戦への適性は抜群。前走の北九州記念は出遅れて7着。ゲートは悪い方ではないので、前走は度外視していいだろう。

騎乗予定の浜中騎手はテン乗りになるが、コース連対率29.8%と得意にしているコース。有利枠を引くまでもなく本命候補の一頭。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA