重賞分析

【アイビスSD】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
今週は重賞1鞍ですね。そのアイビスSDですが、なんと重賞勝ち馬はライオンボスとロジクライの2頭!※モントライゼも重賞勝ってました。申し訳ございません。
OP馬は、なんと8頭しかいません!

なんとも寂しいメンバーになりそうですが、展望をしていきましょう。

新潟芝1000mの傾向

有利枠 4枠・5枠・7枠・8枠
不利枠 1枠・2枠・3枠
脚質 逃げ
騎手 3割超 鮫島駿騎手
人気 鮫島駿騎手・石川騎手
人気薄 津村騎手
 予想優先順位
1位
タイム
2位
コース特性
3位
騎手
4位
戦績
5位
展開

新潟芝1000mは、時計が速くなるコースで、時計勝負に対応できないと苦戦を強いられる。

逃げ馬が強いコースだが、正直ゲートが開いてみないと、どの馬が逃げるかわからない。

有利枠は4枠、5枠、7枠、8枠で、不利枠は1枠、2枠、3枠

連対率3割を超える騎手は鮫島駿騎手(ライオンボス騎乗予定)。

人気で安定しているのは、鮫島駿騎手(ライオンボス騎乗予定)と石川騎手(オールアットワンス騎乗予定)。

人気薄なら津村騎手(タマモメイトウ騎乗予定)。

アイビスSDで人気、話題になりそうな馬

オールアットワンス  評価:A
戦績ランク15位 スピードランク3位

相性の良いコースで走ったのは、2歳時のカンナS(中山芝1200m)1着だけと、キャリアが浅いため強調できる成績ではない。そのカンナSがレースタイム差-0.2。
前走の葵Sはレースタイム差-1.0で、レイハリアの3着と好走しており、開幕週で時計が速くなりそうな今回は絶好の舞台だろう。騎乗予定の石川騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければ本命候補。

タマモメイトウ  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク16

相性の良いコースで【4 0 0 6】と、勝つか負けるか両極端だが、4勝をあげているのはライオンボスと同馬のみで、戦績面ではアドバンテージ
前走の韋駄天Sでは、初距離で14番人気の低評価を覆しての勝利。レースタイム差+1.8と時計がかかったのが奏功したもので、今回もスピードランク16位となっており、開幕週の馬場は不安材料

ヒロイックアゲン  評価:A
戦績ランク5位 スピードランク8

相性の良いコースのトータル成績が【1 8 1 5】で、1勝しかしていないが、9連対は今回のメンバーで頭ひとつ抜けている。掲示板を外したのも3回でうち2回はコンマ5秒差以内の6着だから、戦績面ではかなりのアドバンテージ。
今回のメンバーではスピードランク8位となっており、開幕週のスピード馬場は合わない。騎乗予定の荻野極騎手はランク外なので、好走のためには有利枠は絶対に欲しい。

ビリーバー  評価:B
戦績ランク8位 スピードランク9位

相性の良いコースは【1 3 3 6】で、掲示板を外したのは3回。悪くはないが、1.0秒以上の大敗が含まれていて、今回のメンバーに入ると戦績面ではちょっと足りない。
去年のアイビスSDはレースタイム差-0.2で3着好走。その後はまったく結果が出ていない。スピードランク9位と、開幕週のスピード勝負に不安が残り、騎乗予定の杉原騎手もランク外。有利枠を引けても連下まで。

ホーキーポーキー  評価:C
戦績ランク17位 スピードランク13位

相性の良いコースで【0 1 0 4】とまったく走れておらず、唯一の勝鞍が相性の悪いコースで行われた未勝利戦(函館芝1200m)という間の悪さで、戦績面からはとてもじゃないが買えない
前走は同距離でおこなれたはやぶさ賞で2着に来ているが、しょせんは1勝クラス。スピードランクも13位と伸び悩み、重賞では歯が立たないだろう。

モントライゼ  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク7

相性が良いコースでは一度しか走ったことがなく、それが小倉2歳S2着。その小倉2歳Sがレースタイム差-0.4だから、ある程度時計が速くなっても対応できる。とはいえ、スピードランクは7位までとなっており、若干時計が足りない
騎乗予定は川田騎手。過去10年で2回しか騎乗しておらず、かなり珍しい参戦となる。ただし、乗ってきたときは1着、3着としっかり結果を残している。今回も楽しみな一戦となる。

ライオンボス  評価:S
戦績ランク1位 スピードランク5位

相性の良いコースで【4 2 0 2】の好成績。その中身も、一昨年のアイビスSD勝ち、昨年のアイビスSD2着と、実績面でもこのメンバーでは最有力。持ち時計も、一昨年の韋駄天Sでレースタイム差-0.8だから、高速決着になっても対応できるスピードはある
前走の韋駄天Sの9着敗退は、58キロが堪えたものだろう。そもそも新潟芝1000mは斤量に敏感なコースで、57.5キロ以上で勝ったのは、一昨年の韋駄天Sを勝った同馬だけ。

ロードエース  評価:C
戦績ランク8位 スピードランク15位

相性の良いコースで走ったのは、前走の韋駄天S3着だけ。その韋駄天Sがレースタイム差+1.8なので、時計がかかった方がよいタイプで、開幕週の高速馬場は懸念材料となりそう。
騎乗予定の松山騎手がコースを得意にしているが、それでも有利枠を引けたとしても連下まで。

アイビスSDの注目馬はジュランビル

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、ライオンボスジュランビルの2頭だけ。
ライオンボスは人気の一角を占めるだろうから、ここではジュランビルを取り上げる。

相性の良いコースのトータル成績は【2 0 2 1】で、掲示板を外したのは昇級戦だった3歳時の新潟日報賞6着だけ。

まだ準OPの身ではあるが、レースタイム差-1.2のうずしおSで2着、同-0.8の江の島Sで3着と、ある程度時計が速くなっても対応できるだろう。

騎乗予定の松若騎手がランク外なので、できれば有利枠を引きたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA