重賞展望 PR

【マーメイドS 2024の展望】人気馬の死角と穴馬の資格|注目馬タガノパッション

マーメイドSの展望
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんばんわ、ウキョーです。

今週はマーメイドSです。牝馬限定のハンデ戦で、イメージ通り荒れる重賞でも有名です。創設当時は、牝馬限定重賞が少なく、別定戦でもあったことから、意外とメンバーが揃う重賞でした。

マーメイドSで思い出すのは、そんな別定戦の頃にこのレースを勝ったエアグルーヴです。4歳初戦にこのレースを選び、ここから札幌記念→天皇賞(秋)と3連勝で牡馬を撫で斬ることになります。

エアグルーヴ
【名馬コラム】エアグルーヴ 時代を変えた革命の戦姫時代が変わる分岐点となった’97天皇賞(秋) 世の中にはエポックメインキングな出来事がある。Windows95の出現は、世界の工業社会...

京都芝2000mの傾向

有利枠1枠・3枠・4枠・7枠
不利枠5枠・6枠・8枠
脚質逃げ・先行・差し・追込
騎手3割超川田騎手・M・デムーロ騎手
人気川田騎手
人気薄浜中騎手・幸騎手
 予想優先順位
1位
タイム
2位
騎手
3位
戦績
4位
コース特性
5位
展開
京都芝2000m
京都芝2000m|有利枠・不利枠、騎手連対率の最新データ【開催終了ごとに更新】京都芝2000mのコースデータを徹底攻略|有利枠・不利枠・騎手ランクを公開...

京都芝2000mは、本質的には若干時計が速くなる程度のコースだが、今開催の京都芝はとにかく時計が速く、今週も雨予報は少ない模様。マーメイドSも高速決着が想定される。

脚質に大きな偏りはなく、予想優先順位でも展開が最下位となっているように、脚質にはこだわらなくていい。

有利枠は1枠、3枠、4枠、7枠で、不利枠は5枠、6枠、8枠。

連対率3割を超える騎手は、川田騎手(エーデルブルーメ騎乗予定)とM・デムーロ騎手(タガノパッション騎乗予定)。

人気馬で買いたいのが川田騎手(エーデルブルーメ騎乗予定)で、人気薄なら浜中騎手(ミッキーゴージャス騎乗予定)と幸騎手(ゴールドエクリプス騎乗予定)。

マーメイドS 2024で人気、話題になりそうな馬

アリスヴェリテ  評価:A
戦績ランク3位 スピードランク8位

相性の良いコースで【1 2 1 1】。掲示板を外したのは昨秋のローズS13着だけ。そのローズSは、まだ1勝クラスの身での挑戦であり、ちょっと早かった。あれから2勝を上積みし、相性の良いコースで行われた四国新聞杯2着→2勝クラス(京都芝2000m)を勝っての臨戦過程は好感が持てる
前走の2勝クラスがレースタイム差-2.8の高速決着だったとはいえ、オープンクラスでの実績がないため、スピードランクは8位まで。現状では、少し時計がかかってくれた方が良い。それだけに、高速馬場となっている今の京都芝は不安。

エーデルブルーメ  評価:A
戦績ランク3位 スピードランク6位

相性の良いコースは【1 3 1 0】と、1勝しかしていないが安定感は抜群。昇級初戦となるが、相性の良いコースで行われたダイワスカーレットCを勝ってのローテーションは理想的といえる。
前走のダイワスカーレットCがレースタイム差-1.8で、高速決着に対応できるスピードは持ち合わせている。とはいえ、重賞初挑戦となるとスピードランクは1つ届かず6位まで。しかし、今回は53キロの軽量で走れるとなれば、相殺できる可能性は高い。

エリカヴィータ  評価:B
戦績ランク2位 スピードランク14位

相性の良いコースでは【1 0 0 2】と走れていないが、相性の悪いコースで【0 0 0 5】とまったく走れていないのは強材料。前走の福島牝馬Sは5着どまりだったが、相性の悪いコースなので逆にアドバンテージになる。
直近の連対レースは3歳時のフローラSだが、レースタイム差+0.7と時計がかかっていた。その後は、時計が速いレースで結果を出せずにおり、今回もスピードランク14位と奮わない。ここも、かなり時計がかからないと苦戦を強いられそうだ。

キミノナハマリア  評価:A
戦績ランク5位 スピードランク8位

相性の良いコースで【2 3 1 5】と、今回のメンバーでは2勝5連対は胸を張っていい。掲示板を外したのはオークス18着と、フローラS11着の2回だけ。その後は、紫苑S4着、北大路特別勝ちと実績を積み上げてきた。前走の福島牝馬Sでは14着と大きく崩れたが、相性の悪いコースなので気にしなくていい。
北大路特別勝ち上がレースタイム差+2.0で、衣笠特別2着がレースタイム差-1.0と、時計が速くても遅くても対応できている万能型。ただ、間隔があくと硬くなるタイプなので、当日の気配には注意したい。

コスタボニータ  評価:D
戦績ランク11位 スピードランク8

相性の良いコースで走ったことがなく、相性の悪いコースで【1 1 1 1】と逆に走れており、戦績面からはここを勝てるローテーションとは思えない。相性の悪いコースで行われた福島牝馬Sを勝っての臨戦過程も弱材料になる。
前走の福島牝馬S勝ちがレースタイム差-1.6の高速決着で、昨年のディセンバーS2着がレースタイム差+0.5だから、時計は不問といえる。また、騎乗予定の岩田望騎手がランク外なので、好走条件には有利枠を引くことが必須になる。

ゴールドエクリプス  評価:D
戦績ランク11位 スピードランク12

相性の良いコースで【0 0 0 3】とまったく走れていない。オープンに昇級してからは結果が出ていない。とくに、前走の阪神牝馬Sと前々走の小倉大賞典は相性の良いコースだっただけに、結果が出なかったのは痛い。
3勝クラス勝ちの大原Sがレースタイム差-0.1で、2勝クラス勝ちがレースタイム差-1.0と。時計が速くなっても大丈夫。ただ、レースタイム差-1.6の小倉大賞典で12着に敗れており、オープンでは時計がかかった方が良いだろう。

ピンハイ  評価:B
戦績ランク11位 スピードランク4

相性の良いコースでは【1 0 0 3】と、あまり強調はできない。掲示板を外したのはエリザベス女王杯9着と、前々走の大坂城S12着の2回。エリザベス女王杯はGIだから酌量の余地はあるが、大坂城Sの大敗はいただけない。戦績面からは推せない。
とにかく、3勝クラス勝ちを果たした一昨年の西宮Sが秀逸だった。レースタイム差-2.2の高速決着で、前半1000m58.8秒-後半1000m57.3秒というハイラップ。そこからの結果は物足りないが、いつ爆発してもおかしくない潜在能力の持ち主である。

ホールネス  評価:S
戦績ランク5位 スピードランク4位

ここは昇級初戦になるが、デビュー戦2着後から3連勝とまだそこを見せていない。それだけに、そこそこ人気になるかもしれないが、記録的には特筆すべき点はない
前走の熊野特別勝ちがレースタイム差+1.7で、前々走の1勝クラス勝ちがレースタイム差-1.8と、両極端な勝ちタイムとなっており、どちらが同馬の本質なのか、現状ではわかりかねる。時計勝負にも対応できるスピードはあるので、52キロの軽ハンデを活かすことができれば、活躍の余地は残している。

ミッキーゴージャス  評価:A
戦績ランク9位 スピードランク1位

相性の良いコースで【2 0 0 2】と、勝つか負けるかの両極端な成績。ただ、負けた2戦はオークス14着と、大阪杯14着。どちらもGIで、GIIIの牝馬限定戦なら通用する下地はある
直近の連対レースである愛知杯がレースタイム差-2.2の高速決着で、その前の修学院Sが稍重馬場でレースタイム差-0.7だから、とにかく時計が速くなって良いスピードタイプ。時計が速い今の京都芝はピッタリ。騎乗予定の浜中騎手がコースを得意にしているのも好材料だ。

ラヴェル  評価:E
戦績ランク11位 スピードランク14位

相性が良いコースで【0 0 0 3】と走れていない。その3戦はオークス4着、秋華賞11着、ローズS14着だから、GIIIならとも思わせるが、2歳時のアルテミスSから勝ち星を挙げていない事実は厳しく受け止めなければならない
直近の連対レースがアルテミスSで、レースタイム差は-0.6だった。その後、レースタイム差-1.1の京都記念や、レースタイム差-1.2のオークスで掲示板には乗っているが、高速決着での実績がない。騎乗予定の坂井騎手もランク外となると、有利枠を引けても苦戦は免れない。

マーメイドS 2024の注目馬はタガノパッション

今回、戦績項目とタイム項目でプラスになったのはタガノパッションホールネスの2頭だけ。ここで取り上げるのは、騎乗予定の騎手がランクインしているタガノパッション

戦績ランク1位 スピードランク2位

相性の良いコースで【1 0 3 2】と強調できないが、掲示板を外したのは4歳時の緑風S10着だけと、まずまず安定している。また、相性の悪いコースで行われた中山牝馬S→福島牝馬Sを連敗しての臨戦過程は好感が持てる

直近の連対レースが愛知杯で、レースタイム差は-2.2の高速決着。その前の連対レースは昨冬の初音S2着でレースタイム差-0.2。時計がかかるより速い方が良いタイプなのは間違いなく、時計が速い京都芝は絶好の舞台。

愛知杯で半馬身差だったミッキーゴージャスとは3.5キロ差、初音Sでクビ差だったコスタボニータとは3キロ差である。人気ほどの差はない。


応援よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA