重賞分析

【みやこSの展望】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
今週はG1週間の谷間ですが、京王杯2歳S、ファンタジーS、アルゼンチン共和国杯、みやこSと4つの重賞が行われます。
今週は、みやこSを取り上げます。ダート戦が好きなので。

連続開催となる来週の阪神競馬。ダートも先週とそれほど変わらないと思われます。阪神ダートはそれほど時計が出ていませんでした。ダ1800mだけ時計が速かったのは、たまたまだと思うので、みやこSもそこまで高速決着にはならないと思います。

阪神ダ1800mの傾向

有利枠 1枠・2枠・3枠・4枠
不利枠 6枠・7枠・8枠
脚質 逃げ・先行
騎手 3割超 武豊騎手
人気 池添騎手
人気薄 藤岡佑騎手
 予想優先順位
1位
戦績
2位
展開
3位
タイム
4位
コース特性
5位
騎手

阪神ダ1800mは、そこそこ時計が速くなる。上りも速く、瞬発力勝負になることが多い。

逃げ馬先行馬が強いコース。京都ダ1800mよりも差しが決まりにくいので、差し馬は割り引いた方がいい。

有利枠は1枠、2枠、3枠、4枠で、不利枠は6枠、7枠、8枠

連対率3割を超える騎手はルメール騎手(グランアレグリア騎乗予定)と、戸崎騎手(カレンブーケドール騎乗予定)、川田騎手(ポタジェ騎乗予定)。

人気で安定しているのは、川田騎手(ポタジェ騎乗予定)と三浦騎手(ラストドラフト騎乗予定)。

人気薄なら、戸崎騎手(カレンブーケドール騎乗予定)。

みやこSで人気、話題になりそうな馬

アナザートゥルース  評価:C
戦績ランク11位 スピードランク14位

相性の良いコースで【1 2 1 1】と悪くないが、相性の悪いコースで【5 3 0 2】と好成績を残しており、相手が揃ったこのメンバーだと厳しいと言わざるを得ない。
今年の東海S2着がレースタイム差-1.3の高速決着で、時計が速くなる阪神ダ1800mは本質的に向いているのだが、今回のメンバーに入るとスピードランク14位と、かなり水をあけられている。騎乗予定の松山騎手もランク外で、買い材料に乏しい。

ヴェンジェンス  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク10

相性の良いコースで【2 1 0 0】の安定感で、相性の悪いコースで8敗を喫しており、ここは狙いすましたローテーションといっていい。
1年以上の長期休養明けを叩いて3戦目となり、良化度合いが鍵になる。休み前の三宮Sがレースタイム差-0.9なので、ある程度の時計勝負なら問題ない。ただ、今回のメンバーに入るとスピードランク10位となり、今回に限っては時計はかかってほしいところ。

エイコーン  評価:C
戦績ランク19位 スピードランク4

相性の良いコースで【0 1 1 3】と勝鞍がなく、掲示板を外したのが2度あり、戦績面からは強く推せない。相性の良い太秦S10着からのローテーションも弱材料
今年のポルックスS2着がレースタイム差+1.9と時計がかかったもので、去年のみやこS3着がレースタイム差-0.5。どちらかというと時計がかかった方が良いタイプで、時計が速くなる阪神ダ1800mは本質的に向いていない

オーヴェルニュ  評価:B
戦績ランク11位 スピードランク14

相性の良いコースのトータル成績が【2 2 0 4】で、掲示板を外したのは去年の三宮S7着の一度だけ。悪くはないが、今回は戦績項目のレベルが高く、戦績ランクはまさかの11位。これでは推せない。
今年の平安S勝ちがレースタイム差-3.3の高速決着。それでもスピードランク14位と伸び悩んだ理由は、1200m戦や1600m戦で結果が出ていないから。1800m戦限定なら上位に名を連ねるが、重賞メンバー相手にピンポイントの時計では厳しくなる。。

クリンチャー  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク9位

相性の良いコースで【1 2 1 0】。ダートのキャリアが浅い中で、1勝3連対で馬券圏外が一度もないのは優秀。また、相性の悪いコースで2連敗しているのも好材料
去年のみやこS勝ちがレースタイム差-0.5、ジュライS2着がレースタイム差+0.3だから、どちらかというと時計がかかった方が良い。スピードランクも9位である。騎乗予定の武豊騎手がコースを得意にしているので、有利枠さえ引ければ上位争いも可。

サンライズソア  評価:A
戦績ランク4位 スピードランク6位

相性の良いコースで【1 0 2 1】とそれほど強調できないが、相性の悪いコースでの勝鞍がなく、2連敗を喫しているので、行って来いで好材料。
2年以上の長期休養明けがあり、復帰後の前走・太秦S3着がレースタイム差+0.9。直近の勝鞍が3年前の平安Sで、レースタイム差+0.6だから、時計はかかった方が良い

スワーヴアラミス  評価:B
戦績ランク11位 スピードランク8位

相性の良いコースのトータル成績が【2 3 0 2】で、掲示板を外したのは去年のみやこS8着だけ。しかし、相性の悪いコースで【5 0 1 1】と安定した成績を残しており、戦績面では買いづらい
今年のエルムS勝ちがレースタイム差-0.1、マリーンSがレースタイム差-0.9、去年のマーチS勝ちがレースタイム差-0.8だから、どちらかというと時計が速い方が良いタイプなのだが、今回のメンバーに入るとスピードランク8位まで。若干時計がかかってほしい。

ミヤジコクオウ  評価:C
戦績ランク11位 スピードランク12位

相性の良いコースで【2 1 0 3】と悪くはないが、2ケタ着順が2回は、戦績項目のレベルが高い今回では厳しい。さらに、相性の良い前走の太秦Sが1.5秒差の13着では、さらに厳しい
前々走の三宮S2着がレースタイム差+0.7、去年のレパードS2着がレースタイム差-1.4と、好走時の時計はまちまち。相性の良いコースなら時計は不問。鞍上は未定だが、好走するためには有利枠がぜひとも欲しい。

メイショウムラクモ  評価:C
戦績ランク15位 スピードランク1

相性の良いコースで走ったのは、前走のレパードS1着だけ。逆に、相性の悪いコースで【3 1 1 1】と好走続きで、ここを狙ったローテーションとはいえない
前走のレパードS勝ちがレースタイム差-0.7、前々走のいわき特別勝ちがレースタイム差-0.8で、時計勝負に強いスピードタイプ。時計が速くなれば、初古馬混合の重賞でも上位争いは可能。

ロードブレス  評価:D
戦績ランク8位 スピードランク17位

相性の良いコースで【1 0 1 1】と強調できない。相性の良いコースのキャリアが3戦しかないので、さすがに重賞メンバーに入るとランクは伸びない。
今年のエルムS3着がレースタイム差-0.1、アンタレスSがレースタイム差-0.8、去年のBSN賞がレースタイム差-0.1なので、どちらかというと時計がかかった方が良い。騎乗予定の坂井騎手がランク外なので、有利枠はぜひとも欲しい。

みやこSの注目馬はプリティーチャンス

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、サンライズソアだけ。
ここでは、優先順位の高い戦績項目にプラスがあり、タイム項目が次点のプリティーチャンスを取り上げる。

相性の良いコースのトータル成績が【2 0 1 1】で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は3走前の三条S5着。

その三条Sがレースタイム差+1.5で、前走の内房S勝ちがレースタイム差-0.7だから、時計が速い方が良いスピードタイプ

騎乗予定の藤岡佑騎手がコースを得意にしており、これで有利枠を引ければ、本命候補の一頭。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA