【オークスの展望】オークスの危険な人気馬と狙いたい穴馬

   2020/05/22

こんばんわ、ウキョーです。
今週はオークスです。
レシステンシアがNHKマイルCに回ったことで、デアリングハートに人気が集中すると思われます。
ただ、その桜花賞がレースタイム差+1.3と時計が遅かったので、高速馬場になる東京芝2400mで、桜花賞組の順位が入れ替わる可能性も考えておきます。

東京芝2400mの傾向

有利枠 3枠・4枠・6枠・8枠
不利枠 1枠・2枠・7枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超え ルメール騎手・川田騎手
人気 ルメール騎手・川田騎手
人気薄 石橋脩騎手

 

 予想優先順位
1位
騎手
2位
タイム
3位
展開
4位
戦績
5位
コース

東京芝2400mは、時計が速くなるコースで、先週の高速馬場が続くなら、今週も時計は速くなるだろう。

差し・追込馬に有利なコースで、先行勢は厳しい。とくに、逃げ切りは力がないと至難の業。

有利枠は1枠、3枠、4枠、6枠、8枠で、不利枠は1枠、2枠、7枠

連対率3割を超える騎手はルメール騎手(サンクテュエール騎乗予定)と川田騎手(リアアメリア騎乗予定)。
人気で安定しているのは、前記のルメール騎手(サンクテュエール騎乗予定)と川田騎手(リアアメリア騎乗予定)。
人気薄なら石橋脩騎手(チェーンオブラブ騎乗予定)。

オークスで人気、話題になりそうな馬

アブレイズ  評価:D
戦績ランク9位 スピードランク16位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中9位とイマイチ。フラワーCを勝っての参戦となるが、そのフラワーCが相性が悪い中山芝1800mなので、最悪のローテーション。
デビューから2連勝の力は侮れないが、デビュー戦(京都芝2000m)がレースタイム差+3.6で、フラワーCが同+0.2だから、高速決着においては未知数。
それでも、前半800m47.6秒のハイペースだったフラワーCを、2番手追走から勝ち切ったことは評価できる。力があるのは認めるが、それだけに1戦挟んで本番に臨んでほしかった。

ウインマリリン  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク10位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。
前走のフローラSは、前半1000m58.6秒-後半1000m60.1秒のハイペース。これを4~5番手追走から35.3秒の上りで差し切り。初めての消耗戦でも、いつもと同じ競馬で勝ち切った点は評価できる。
そのフローラSがレースタイム差-2.2の高速決着で、時計が速くなっても問題ないと思うが、今回のメンバーに入るとスピードランク10位。それだけスピード自慢が揃っているということで、ここで勝ち負けできればホンモノ。

クラヴァシュドール  評価:AA
戦績ランク1位 スピードランク1位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。
相性の良いコースばかりを使われ、馬券圏外となったのは前走の桜花賞4着だけ。いまだ1勝馬の身だが、阪神JF3着、チューリップ賞2着と戦績面では見劣りしない。
レースタイム差-0.9のチューリップ賞で2着に好走し、一転レースタイム差+1.3と時計がかかった桜花賞が4着だから、時計が速くなりそうな東京芝2400mへの舞台替わりは好材料。鞍上がコース得意のM・デムーロ騎手でもあり、これで有利枠まで引ければ、戴冠も見えてくる。

サンクテュエール  評価:C
戦績ランク9位 スピードランク11位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中9位と可もなく不可もなし。
前々走のシンザン記念勝ちがレースタイム差+1.2で、時計がかかった桜花賞は絶好の舞台となるはずだったが、前半800m46.5秒という初めてのハイペースで、ちぐはぐな競馬になってしまった。
しかし、戦績面からも時計面からもプッシュできる材料はなく、鞍上がコース得意のルメール騎手という点だけが唯一の好材料。

スマイルカナ  評価:B
戦績ランク7位 スピードランク5位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
レースタイム差-0.5のフェアリーSが1着、同-0.9のチューリップ賞が7着、同+1.3の桜花賞が3着と、やはり時計が速くなると苦戦する傾向にある。スピードランク5位になっているのは、今期の3歳戦がタフな馬場で行われることが多かったからで、できれば時計はかかってほしい。
また、鞍上の柴田大騎手がランク外なので、有利枠はぜひとも欲しいところ。

デアリングタクト  評価:C
戦績ランク4位 スピードランク13位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中4位とアドバンテージあり。
デビュー戦のレースタイム差が+1.0で、エルフィンSが同-1.1、桜花賞が+1.3だから、時計の速さに関係なく結果を出しており、潜在的な力量という点では抜けている。
ただ、本質的にどちらに向いているのかという点で、今回の評価は変わってくる。もし時計勝負に強いスピードタイプだとしたら、本来合わないはずの桜花賞で好走してしまった反動が怖い。時計がかかる方が良いタイプなら、高速決着の東京芝2400mは本質的には合わないが、反動がない分、力で何とかなりそう。
また、鞍上の松山騎手がランク外なので、有利枠は欲しい。

デゼル  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク2位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中1位と安定感抜群。
キャリア2戦ながら、相性の良い阪神芝1800mで新馬勝ち、続いて相性の良い東京芝1800mのスイートピーS勝ちと、ローテーションとしては最高。後は、強敵相手の経験がないので、力関係が問題になる。
そして、その新馬戦がレースタイム差-0.8、スイートピーSがレースタイム差-0.7と、時計が速くなる方が良いタイプで、高速決着になりやすい東京芝2400mは合っている。
キャリアは浅いが、オークスを勝てる要素は十分にある。ただ、人気になりそうなのが問題。人気で買いたいほどではない。

ホウオウピースフル  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク12位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中4位とかなりのアドバンテージ。
相性の良い東京芝2000mで1勝2連対(百日草特別1着、フローラS2着)と、戦績面では申し分ない。そのフローラSが前半1000m58.6秒のハイペースで、これを4番手追走から2着。勝馬にはクビ差及ばなかったが、同じくハイペースとなったクイーンCの経験が活きており、成長力という点で魅力あり。
そのフローラSが-2.2の高速決着で、時計勝負になっても問題ない。スピードランクが12位にとどまっている理由は、新馬勝ちの時計が遅いから(レースタイム差+1.8)。ただ、レースを使うごとに時計を詰めており、前記した成長力を加味すると、かなり面白い存在と言える。

ミヤマザクラ  評価:C
戦績ランク9位 スピードランク8位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中9位とイマイチ。
相性の良いコースで走ったのが桜花賞だけで、そこで5着に敗退していることで戦績面では弱材料になってしまったが、コンマ8秒差なら、そこまで悪くはない。
さらに、京都2歳Sでの2着が高評価。2歳戦の芝2000m以上で連対した牝馬は、2000年以降ではファミリズム(’08京都2歳S)、ヤマニンアラバスタ(’03ホープフルS)、マイネヌーヴェル(’02ホープフルS)の3頭しかおらず、そのうち2頭は重賞を勝っている。
クイーンC勝ちのレースタイム差が―0.1だったが、未勝利勝ちはレースタイム差-2.5の高速決着で、時計勝負になっても問題ない。
騎乗予定の武豊騎手がランク外で、なおかつテン乗りになるのは弱材料。

リアアメリア  評価:C
戦績ランク9位 スピードランク6位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中9位とイマイチ。
阪神JF、桜花賞と人気を裏切り続けており、評価の対象となったと思われるアルテミスSの検証が必要になってくる。
レースタイム差は-1.1。当時の馬場差が-1.6と時計が出る馬場だったが、時計面では及第点といえる。レースは800m通過48.4秒のスローペースで、逃げたビッククインバイオが上がり33.9秒だから当然前は止まらない。そんな中、上り33.0秒でほぼ最後方からの差し切りだから、レース内容としても決して悪くない。
それでいて、前記2戦で惨敗しているのは、どちらもハイペースの消耗戦になったことが敗因だろう。したがって、ここもペース次第となる。

ヴィクトリアマイルの注目馬はマルターズディオサ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、クラヴァシュドールデゼルマルターズディオサの3頭。
この中で、コース得意の田辺騎手が騎乗予定のマルターズディオサを注目馬に取り上げる。

レースタイム差-2.1の阪神JFで2着に来ているように、時計勝負に強いタイプ。前走の桜花賞はレースタイム差+1.3のタフな馬場で8着に敗れたが、時計が速くなれば巻き返せる。

ただ、府中では週中にまとまった雨が降っており、当日の馬場状態、及び時計には注意したい。



競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA