重賞分析

【クイーンSの展望】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
今週は、函館でクイーンSが行われます。

クイーンSと言われて、思い出すのはアサヒライジング。
ミナガワマンナ産駒アサヒマーキュリーに、父がロイヤルタッチというノスタルジー満載な血統。シーザリオの翌年にアメリカンオークスに挑戦して2着と頑張りました!

過去の勝ち馬には、シンコウラブリイやヒシアマゾン、サクラキャンドル、トゥザヴィクトリー、ディアドラといったG1級の名前も。今年は、誰が勝つのでしょうか。

函館芝1800mの傾向

有利枠 1枠・2枠・5枠・8枠
不利枠 3枠・4枠・6枠
脚質 逃げ・先行
騎手 3割超 ルメール騎手
人気 藤岡佑騎手
人気薄 三浦騎手
 予想優先順位
1位
タイム
2位
騎手
3位
戦績
4位
展開
5位
コース特性

函館芝1800mは、とにかく時計がかかるコース。ただ、先週も馬場差-0.6とそこそこ時計が出ており、時計勝負に強いスピードタイプが大活躍していた。

逃げ、先行馬が強いコースで、直線一気は決まらない。

有利枠は1枠、2枠、5枠、8枠で、不利枠は3枠、4枠、6枠

連対率3割を超える騎手はルメール駿騎手(テルツェット騎乗予定)。

人気で安定しているのは、藤岡佑騎手(クラヴァシュドール騎乗予定)。

人気薄なら三浦騎手(フェアリーポルカ騎乗予定)。

クイーンSで人気、話題になりそうな馬

ウインマイティー  評価:E
戦績ランク10位 スピードランク13位

相性の良いコースで【2 0 0 3】と2勝を挙げているものの、未勝利戦と1勝クラス。相性の良い前走の愛知杯で14着に大敗しており、戦績面からは強く推せない
唯一のオープン勝ちがレースタイム差+2.5の忘れな草賞で、時計勝負にも不安を残している。騎乗予定のM・デムーロ騎手もランク外で、有利枠を引けても掲示板が一杯。

クラヴァシュドール  評価:A
戦績ランク8位 スピードランク4

相性の良いコースで【1 1 2 4】とそれほど強調できないが、掲示板を外したのは3走前の東風S10着だけと、まずまずの安定感。とはいえ、戦績面では今回のメンバーに入ると若干物足りない
前走の米子Sはレースタイム差+1.1で3着に好走しているが、レースタイム差-1.7の阪神JFで3着、レースタイム差-0.9のチューリップ賞で2着に好走しているように、本質的には時計が速い方が良い。先週の馬場差くらいならアドバンテージになる

サトノセシル  評価:C
戦績ランク10位 スピードランク6

相性の良いコースのトータル成績が【1 1 0 2】で、掲示板を外したのは昨年の茨城新聞杯(中山芝1800m)6着だけ。悪くはないが、下級条件で1勝2連対では、重賞メンバーに入ると物足りない
前走の洞爺湖特別がレースタイム差-2.7で逃げ切り勝ち。時計勝負になっても、ある程度なら対応できるスピードはある。ただし、こちらも今回のメンバーに入ると、スピードランク6位と、あと一歩足りない。

シゲルピンクダイヤ  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク11位

相性の良いコースは【1 3 2 3】で、掲示板を外したのは2回。まずまずの安定感と言っていい。また、相性の悪いコースで【0 0 1 5】とまったく走れておらず、ローテーションとしては今回のメンバーの中では随一
レースタイム差-1.9のヴィクトリアマイル、同-0.4の福島牝馬Sと連敗を喫しており、直近の連対レースである中日新聞杯が基準タイム差+0.5だから、どちらかというと時計がかかった方が良いタイプで、当日の馬場状態次第になりそう。

シャムロックヒル  評価:D
戦績ランク8位 スピードランク7位

相性の良いコースで【2 0 0 6】と2勝を挙げているものの、掲示板を外したのは4回。勝ったのが未勝利戦と1勝クラスなので、決して強調できるものではない。
前走のマーメイドSはレースタイム差+0.8と時計がかかっており、1000m通過60.8秒のスローペース、50キロの軽ハンデと条件が揃っていたもので、5キロ増となる今回も同じレースができるとは思えない。騎乗予定の団野騎手もランク外で、今回は静観が妥当。

テルツェット  評価:C
戦績ランク8位 スピードランク15

相性の良いコースで【2 0 0 0】の好成績だが、相性の悪いコースで【3 0 0 1】とさらに成績を良くしているのは弱材料。行って来いで、戦績項目はマイナスになる。
唯一の重賞勝ちが、レースタイム差-0.9のダービー卿CT。そして、14着に敗れたヴィクトリアマイルがレースタイム差-1.9だから、極限の高速決着には対応できなかったが、ある程度の時計勝負なら問題ないだろう

ドナアトラエンテ  評価:B
戦績ランク15位 スピードランク1位

相性の良いコースで【1 1 0 1】の成績で、良くも悪くもない。ただ、相性の悪いコースで【3 4 1 0】の安定感を示しており、ここを狙ったローテーションとは言えない
レースタイム差+2.8の初富士S勝ちから、2走後の福島牝馬Sではレースタイム差-1.0で2着だから、いきなり時計勝負に対応してきたセンスは疑いようがない。ただ、騎乗予定の川田騎手がランク外なので、できれば有利枠が欲しいところ。

フェアリーポルカ  評価:A
戦績ランク3位 スピードランク7位

相性の良いコースのトータル成績が【2 0 2 1】で、掲示板を外したのは昨年のクイーンS6着だけ。そのクイーンSがレースタイム差-1.6。今年3着だった中山牝馬Sがレースタイム差+7.3だから、どちらかというと時計が勝った方が良いタイプ
騎乗予定の三浦騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければ本命候補の一頭。

マジックキャッスル  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク2位

相性の良いコースで【1 2 0 1】と悪くはないが、相性の悪いコースで【0 3 1 0】の好成績。相性の悪いコースの中には、クイーンC2着と秋華賞2着があり、ここを狙ったローテーションではない
とはいえ、レースタイム差-1.9のヴィクトリアマイルで3着、同-1.9の阪神牝馬Sで2着だから、時計勝負はもってこいの舞台となる。騎乗予定の戸崎騎手がランク外なので、好走のためには有利枠はぜひとも欲しいところ。

クイーンSの注目馬はルビーカサブランカ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、アラスカルビーカサブランカの2頭だけ。
先週の函館芝の馬場差が、土日ともに-0.6なので、ここではスピードランクの低いルビーカサブランカの方を取り上げる。

相性の良いコースのトータル成績は【1 3 3 3】で、掲示板を外したことは一度もない。すべて条件戦での成績ではあるが、今回のメンバーの中では、もっともコース相性が良いと言っていい。

まだ準オープンの身ではあるが、スピードランクは4位と、このメンバーに入っても遜色ないスピードはある。

騎手が未定なので、コース得意の騎手が鞍上に決まれば本命候補にもなり得る。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA