重賞分析

【関屋記念の展望】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
今週は、新潟で関屋記念、小倉で小倉記念が行われます。今日は、関屋記念を取り上げます。

関屋記念で思い出すのは、クラレントですね。アーサー王の聖剣を意味する名を冠し、関屋記念を含む重賞6勝をあげる大活躍でした。左回りが得意で、古馬になって勝った重賞はすべて左回りでした。
種牡馬になれなかったのは、ホントに残念です。

新潟芝1600mの傾向

有利枠 2枠・3枠・4枠・5枠
不利枠 1枠・6枠・7枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超 M・デムーロ騎手・戸崎騎手
人気 田辺騎手・柴田善騎手
人気薄 津村騎手・菅原明騎手
 予想優先順位
1位
戦績
2位
展開
3位
タイム
4位
騎手
5位
コース特性

新潟芝1600mは、とにかく時計が速いコース。先週の馬場差は、土曜日-1.9、日曜-1.6と高速馬場になっていました。ただ、今週は雨予報が続き、当日の馬場状態には注意したい。

差し、追込馬が強いコースで、逃げ切りは至難の業。

有利枠は2枠、3枠、4枠、5枠で、不利枠は1枠、6枠、7枠

連対率3割を超える騎手はM・デムーロ騎手(クリスティ騎乗予定)と、戸崎騎手(サトノアーサー騎乗予定)。

人気で安定しているのは、田辺騎手(ロータスランド騎乗予定)と柴田善騎手(ベストアクター騎乗予定)。

人気薄なら津村騎手(ミラアイトーン騎乗予定)と、菅原明騎手(カラテ騎乗予定)。

関屋記念で人気、話題になりそうな馬

アンドラステ  評価:B
戦績ランク12位 スピードランク1位

相性の良いコースのトータル成績が【2 1 1 2】で、掲示板を外したことは一度もない。馬券圏外の2回は、前々走のマーメイドS4着と、昨年のエプソムC4着。マーメイドSは休み明けで距離が長かったもので、エプソムCはレースタイム差+1.6と時計がかかっており、敗因は明らか。
前走の中京記念勝ちはレースタイム差-0.5の高速決着で、時計が速い新潟マイルは合っている。雨の影響が残ると厳しいので、当日の時計には注意。

カラテ  評価:D
戦績ランク19位 スピードランク14

相性の良いコースで【1 0 0 8】とまったく走れていない。唯一の1勝も未勝利戦のもので、さらに相性の悪いコースで4勝をあげており、ここを狙ったローテーションとは言えない。
レースタイム差-0.5の東京新聞杯を勝っているように、時計勝負に対応できるスピードはあるが、今回のメンバーに入るとスピードランク14位で、ここも高速決着になるとスピードが足りない。騎乗予定の菅原明騎手がコースを得意にしているので、当日の馬場次第では連対圏も。

グランデマーレ  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク1位

相性の良いコースで走ったのはデビュー戦(京都芝1800m)1着だけで、相性の悪いコースで【2 0 0 1】とより走っており、行って来いで戦績面では弱材料。
前々走の天神橋特別勝ちがレースタイム差-2.4で、前走のストークS勝ちがレースタイム差-1.2だから、時計が速くなればなるほどアドバンテージになる。ただ、騎乗予定の藤岡佑騎手がランク外なので、好走には有利枠が欲しいところ。

クリスティ  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク15

相性の良いコースで【2 1 0 1】の安定感で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は、3歳時のスイートピーS4着だが、それも勝ったデゼルからコンマ4秒差なら、評価を下げる必要はないだろう。
前走のヴィクトリアマイルは、前半800m46.0秒-後半800m45.0秒というハイラップで逃げてバテてしまったが、あの経験は今回への糧となるはず。騎乗予定のM・デムーロ騎手がコースを得意にしており、有利枠を引ければ本命候補。

サトノアーサー  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク9位

相性の良いコースのトータル成績が【4 2 3 2】で、掲示板を外したのはエプソムC6着と毎日王冠6着の2回だけ。エプソムCはレースタイム差+1.6と時計がかかったもので、毎日王冠は4カ月の休み明け。それだけに、半年の休養明けとなる今回も半信半疑。
去年の関屋記念勝ちがレースタイム差+0.1で、時計がかかった方が良いのだが、前記の通り、あまり時計がかかりすぎても脚が鈍る。今週の雨予報でどこまで馬場が悪化するかわからないので、当日の時計には注意。

シャドウディーヴァ  評価:C
戦績ランク2位 スピードランク17

相性の良いコースで【1 4 2 2】と、勝鞍は1勝だけだが安定感はある。掲示板を外したのはエプソムC16着と、ローズS9着の2回。ローズSは3歳時のもので酌量の余地はあるが、エプソムCの惨敗については言い訳できない。とはいえ、1勝5連対なら十分胸を張れる。
重賞で2着にきた東京新聞杯がレースタイム差+0.1、府中牝馬Sがレースタイム差+2.4なので、時計がかかった方が良い。今週の雨で時計がかかるようなら好走の余地は残されている。

ソングライン  評価:B
戦績ランク12位 スピードランク3位

相性の良いコースで走ったことがなく、逆に相性の悪いコースで【1 1 0 1】と走っており、戦績面からは評価できない。騎乗予定の池添騎手はランク外で、戦績面、騎手面からは強く推せない。
前走のNHK杯は、前半800m45.3秒-後半800m46.3秒のハイペースを2着好走。さらに、このNHK杯に出走していたアナザーリリック、ランドオブリバティ、ピクシーナイト、ゴールドチャリス、グレイイングリーンといった面々が次走で勝利をあげており、メンバーレベルも高かった。

パクスアメリカーナ  評価:D
戦績ランク18位 スピードランク6位

相性の良いコースで走ったのはデビュー戦(新潟芝1600m)4着だけで、逆に相性の悪いコースで【4 2 2 1】と好走を続けており、ここで勝負になる成績とは言えない。リゲルS、京都金杯ともに相性の悪いコースで、ローテ―ションは最悪と言っていい。
前走のマイラーズCは、前半800m48.5秒-後半800m44.1秒の超瞬発力勝負で3着。その前の京都金杯が前半800m47.5秒-後半800m47.4秒の平均ペースで1着と、ペースは不問。ある程度時計がかかっても大丈夫で、雨予報でも崩れない

ロータスランド  評価:C
戦績ランク16位 スピードランク8位

相性の良いコースで【1 1 0 1】。掲示板を外したことは一度もなく、これだけ見れば悪くない。しかし、相性の悪いコースで【3 2 0 1】とより好走率が高くなっており、行って来いで戦績面でからは強く推せない。
前走の中京記念は、前半800m47.9秒-後半800m46.3秒の瞬発力勝負で切れ負けした感。とはいえ、3連勝でオープンをぶっこ抜いた潜在能力は侮れない。コース得意の田辺騎手が騎乗予定で、有利枠を引ければ巻き返しがあっても。

関屋記念の注目馬はラセット

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬はラセットだけ。

相性の悪いコースでは1回しか走ったことがないが(関門橋S3着)、相性の悪いコースで8連敗を喫しており、初の新潟参戦でも問題ない

昨年の中京記念2着がレースタイム差-1.2で2着、今年の六甲Sがレースタイム差+-0で2着と、コース相性が良ければ時計は不問。雨予報で馬場が読みづらいなか、同馬ならどちらにも対応できるだろう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA