【秋華賞の展望】デアリングタクトの死角と狙いたい穴馬

 

こんばんわ、ウキョーです。
今週は秋華賞です。
デアリングタクトが、史上初の無敗の3冠馬となるのか。それとも、それを阻止する馬が現れるのか。いずれにしても注目の一戦となります。

京都芝2000mの傾向

京都芝2000m

有利枠 1枠・2枠・3枠・6枠
不利枠 4枠・5枠・8枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超え ルメール騎手・川田騎手・Mデムーロ騎手・福永騎手
人気 ルメール騎手・川田騎手
人気薄 秋山真騎手

 

 予想優先順位
1位
タイム
2位
騎手
3位
戦績
4位
コース
5位
展開

京都芝2000mは、時計が速くなるコース。先週は日曜にある程度馬場が回復していたが、今週の天候しだいではどうなるかわからないので、当日の時計には注意が必要。

差し・追込馬に有利なコースではあるが、逃げ、先行馬にも十分勝機がある。展開項目の優先順位が低く、絶対能力や騎手の巧拙の方が重要になる。

有利枠は1枠、2枠、3枠、6枠で、不利枠は4枠、5枠、8枠

連対率3割を超える騎手はルメール騎手(レイパパレ騎乗予定)と川田騎手(リアアメリア騎乗予定)、Mデムーロ騎手(クラヴァシュドール騎乗予定)、福永騎手(ミヤマザクラ騎乗予定)。
人気で安定しているのは、前記のルメール騎手(レイパパレ騎乗予定)と川田騎手(リアアメリア騎乗予定)。
人気薄なら秋山真騎手(ムジカ騎乗予定)。

2020年オークス

秋華賞で人気、話題になりそうな馬

ウインマイティ―  評価:C
戦績ランク6位 スピードランク18位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中6位と可もなく不可もなし。
前走の紫苑Sではスタートで後手を踏んでしまい、さらにスローで流れたことで、オークスや忘れな草賞のような渋太さを生かすレースができずじまい。今回も確固たる逃げ馬は不在だが、さすがにスローにはならないだろう。展開は向いてきそう。
デイジー賞がレースタイム差+0.1で、忘れな草賞が同+2.5なので、どちらかというと時計がかかった方が良いタイプなので、先週の雨が残ってくれると強材料になる。
騎乗予定の和田竜騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければ好走の余地は残されている。

ウインマリリン  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク6位
戦績のトータルは「+5」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。
相性の良いコースのトータル成績が【3 1 0 0】の好成績で、その中身もフローラS勝ちにオークス2着だから、今回のメンバーでは頭ひとつ抜けている。さらに、唯一の馬券圏外となった若竹賞(中山芝1800m)が相性の悪いコースなので、まさに狙いすましたローテーションである。
ただ、スピードランク6位なので、なるべく時計はかかってほしい。今週どこかでひと雨くれば、願ってもない舞台となりそうだ。

クラヴァシュドール  評価:A
戦績ランク10位 スピードランク1位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中10位と相性が良いとは言えない。
レースタイム差-1.9のオークスで15着と大叩きをしてしまったが、レースタイム差-0.9のチューリップ賞では、マルターズディオサの2着に好走し、同+1.3と時計がかかった桜花賞で4着だから、時計は速くなった方が良いだろう。
ただ、相性が良いコースで走ったのがオークスだけなので、秋華賞を勝とうというローテーションではない。
それでも、騎乗予定のM・デムーロ騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければ逆転の可能性はある。

デアリングタクト  評価:C
戦績ランク10位 スピードランク13位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中10位と相性が良いとは言えない。
高速決着のオークスを勝っているが、時計がかかった桜花賞と新馬戦の時計が足を引っ張り、スピードランクは伸びなかった。ただ、どんな時計でも勝ち切っているのは能力の証でもあり、時計不問の力はある。
また、相性の悪い京都マイルで行われた新馬戦とエルフィンSを勝っているのはマイナス材料。とはいえ、オークスも似たような状況で完勝しているので、今回も杞憂に終わる可能性も。
騎乗予定の松山騎手はランク外。私の予想法では、残念ながら買い材料はない。

マジックキャッスル  評価:C
戦績ランク20位 スピードランク3位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中20位と登録馬中(回避のデゼルを除く)で最低点。
戦績項目は最低点だが、相性の良いコースで走ったのはオークス5着と、紫苑S4着だから、見た目ほど悪くはない。ただ、そうは言ってもG1メンバーに入ると物足りないのは確か。
レースタイム差-1.7の新馬を勝っているように、時計が速くなる分には問題ない。実際、レースタイム差-1.9のオークスでも5着に踏みとどまっている。前走の紫苑Sはレースタイム差+2.2と時計がかかったもので参考外でいいだろう。
ただ、騎乗予定の大野騎手がランク外なので、有利枠は欲しいところ。

マルターズディオサ  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク4位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中10位と可もなく不可もなし。
桜花賞とオークスで、それぞれ8着、10着と足りていないが、今回のメンバーに入ってもスピードランク4位と、決してスピード負けはしていない。
チューリップ賞勝ちも、紫苑S勝ちもスローペースの前残りを制しているが、前半800m45.5秒という猛ラップとなった阪神JFでは、4角2番手から2着に粘っており、能力は確か。
騎乗予定の田辺騎手がランク外なので、好走するには有利枠を引きたい。

ミヤマザクラ  評価:B
戦績ランク6位 スピードランク9位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中6位と可もなく不可もなし。
前走のオークスでは、淡白なレースで7着に敗退。道中で若干かかっていたように見え、2400mは長かったのかもしれない。
ただ、2歳時の京都2歳S(京都芝2000m)で見せた格別の力は、同コースで行われる今回こそ、真価を発揮する舞台となるのではないか。400mの距離短縮は、同馬にとって最高のアドバンテージになる。
距離が短かった桜花賞でも、ハイペースの中でいったんポジションを落としながら、5着に健闘している。コース得意の福永騎手を背に、適距離のここで、巻き返したい。

リアアメリア  評価:A
戦績ランク10位 スピードランク5位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中10位と可もなく不可もなし。
前走のローズSはレースタイム差-0.7の高速決着を制しており、とにかく時計が速くなってほしい。ローズSでは折り合いもバッチリで、休みを経ての成長が見られたのは良い兆候。
ただし、敗れた桜花賞、オークスともに流れたラップで、得意の切れ味を引き出すことができなかった。したがって、ここもスローで流れてくれた方が良い。

秋華賞の注目馬はムジカ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は一頭もいない。先週の馬場悪化からパンパンの良馬場にはならないと見て、ここでは戦績項目を重要視し、タイム項目で加点のない馬から注目馬を選んだ。

ムジカは、相性の良いコースで勝ち星はないが、そのトータル成績は【0 0 2 0】で掲示板を外したことはない。また、相性の悪いコースで【0 0 0 2】と走れていないのも好材料。

スピードランクが12位なので、なるべく時計はかかってほしいが、鞍上は人気薄で好走が目立つ秋山真騎手。一発を期待したくなる。



競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA