【ヴィクトリアMの展望】危険な人気馬と妙味ある穴馬

 

こんばんわ、ウキョーです。
今週はヴィクトリアマイルです。
アーモンドアイの復帰戦です。連覇を狙うノームコア、重賞3連勝から臨むサウンドキアラ、去年の2着馬プリモシーン、オークス馬ラヴズオンリーユーなど、好メンバーが揃いました。

東京芝1600mの傾向

有利枠 1枠・2枠・4枠・7枠
不利枠 3枠・5枠・6枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超え ルメール騎手
人気 ルメール騎手・三浦騎手
人気薄 Mデムーロ騎手・福永騎手

 

 予想優先順位
1位
タイム
2位
戦績
3位
展開
4位
騎手
5位
コース

東京芝1600mは、時計が速くなるコースで、先週の高速馬場が続くなら、今週も時計は速くなるだろう。

差し・追込馬に有利なコースで、先行勢は厳しくなる。

有利枠は1枠、2枠、4枠、7枠で、不利枠は3枠、5枠、6枠

連対率3割を超える騎手はルメール騎手。また、同騎手は人気馬に乗って強く、1番人気確実のアーモンドアイ騎乗は強材料。
人気で安定しているのは三浦騎手(トロワゼトワル騎乗予定)。
人気薄ならMデムーロ騎手(ラヴズオンリーユー騎乗予定)と、福永騎手(ビーチサンバ騎乗予定)。

ヴィクトリアマイルで人気、話題になりそうな馬

アーモンドアイ  評価:A
戦績ランク3位 スピードランク5位
戦績のトータルは「+4」で、出走登録馬中3位。その内訳も、去年のヴィクトリアマイル3着、天皇賞(秋)1着と実績面では頭ひとつ抜けている。
前走の有馬記念ではよもやの9着。100mからのラップが11.1秒-11.4秒-11.4秒-11.5秒の超ハイペースで、コース相性の良くない中山芝2500mではさすがに厳しかったが、相性の良い東京マイルなら巻き返し必至。
人気馬に騎乗して強いルメール騎手も強材料で、たとえ有利枠を引けなくても本命候補。

コントラチェック  評価:A
戦績ランク5位 スピードランク1位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中5位とかなりのアドバンテージ。
勝つか負けるかの両極端な競馬が続くが、レースタイム差-1.3のターコイズS(中山芝1600m)を勝っているように、時計勝負に強いタイプで、今の東京芝のコンディションは合っている。また、そのターコイズSが相性の良いレースでもあり、戦績面でも申し分ない。
ただ、本質的に差し馬有利の東京マイルは展開面で厳しいが、コース得意の武豊騎手を鞍上に迎えており、有利枠を引ければこちらも本命候補。

サウンドキアラ  評価:C
戦績ランク14位 スピードランク13位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中14位とまったく走れていない。
相性の良いコースで走ったのは去年のヴィクトリアマイル7着だけだが、相性の悪いコースで【2 0 1 1】と好走ばかりなのが弱材料。重賞3連勝と勢いに乗っているが、京都金杯がレースタイム差+0.5、京都牝馬Sがレースタイム差+2.3、阪神牝馬Sがレースタイム差-1.0で、記録から見ると時計がかかった方が良いタイプ。
また、鞍上の松山騎手がランク外なので、有利枠はぜひとも欲しいところ。

シゲルピンクダイヤ  評価:C
戦績ランク8位 スピードランク10位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中8位と可もなく不可もなし。
相性の良いコースで【0 0 1 1】と勝鞍がなく、さすがにG1メンバーに入ると戦績面では厳しい。レースタイム差-1.3のターコイズSで3着に好走しているように、時計勝負になっても対応できるスピードは持ち合わせている。とはいえ、1勝馬ではスピードランクが上がらないのは仕方ない。
それよりも問題は前走の負け方。最後は馬自身が走るのを止めており、それが尾を引いていないかということで、ここは静観したい。

スカーレットカラー  評価:C
戦績ランク14位 スピードランク8位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中14位とまったく走れていない。
レースタイム差-1.0の阪神牝馬Sで2着、同-1.6の府中牝馬Sを勝っているように、時計勝負はお手の物なのだが、今回のメンバーに入るとスピードランク7位になってしまう。若干時計がかかってくれるとありがたい。
前走の阪神牝馬Sではサウンドキアラに後れを取ったが、有馬記念の経験がしっかり糧になっているレース内容で、ここでも力は互角以上。

ダノンファンタジー  評価:C
戦績ランク8位 スピードランク13位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中8位と可もなく不可もなし。
相性の良いコースの成績は、デビュー戦(東京芝1600m)2着と、ローズS1着。悪くはないが、さすがにG1メンバーに入ると一枚劣る。それでも、掲示板を外したのはハイペースの消耗戦となった秋華賞8着だけだから、力はある。
問題は、前走で22キロ増えていた馬体重。陣営の言う通り「ほとんど成長分」であれば、今回は絞ってこない。この場合は力を出せるだろうが、逆に2桁以上絞ってきた場合、成長分はほぼなかったということになり、早熟が疑われる。

ノームコア  評価:A
戦績ランク5位 スピードランク1位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中5位と安定感抜群。
相性の良いコースのトータル成績は【3 0 1 1】で、掲示板を外したのは前走の高松宮記念15着だけ。去年のヴィクトリアマイルと富士Sを勝っており、実績面では抜けている。そのヴィクトリアマイルがレースタイム差-2.4の超高速決着を制しており、時計勝負は願ったり。
問題は、1200mからの臨戦過程。2000年以降の東京マイル(古馬OP)で、前走が1200m戦で連対を果たしたのは、アドマイヤコジーン、キンシャサノキセキ、ロードカナロア、ストレイトガールの4頭だけ。ローテーションとしては最悪だ。

ビーチサンバ  評価:B
戦績ランク3位 スピードランク16位
戦績のトータルは「+4」で、出走登録馬中3位とかなりのアドバンテージ。
相性の良いコースで【0 3 0 0】と勝鞍はないものの安定感抜群。相性の悪い京都牝馬Sで5着に敗れているのも好材料。いまだ1勝馬なので、どうしてもスピードランクは上がらないが、レースタイム差-2.0のローズSで2着に来ているように、高速決着に対応できるスピードはある。
掲示板を外したのはオークス15着だけと、勝ち味に遅い分、相てなりに走る安定感は見逃せない。コース得意の福永騎手が鞍上なら、有利枠を引ければ連対圏も可能。

プリモシーン  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク8位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中5位と安定感抜群。
相性の良いコースでは【4 3 0 3】の好成績で、掲示板を外したのは去年の府中牝馬S15着と、3歳時のターコイズS8着の2回だけ。関屋記念勝ちに東京新聞杯勝ち、ヴィクトリアマイル2着と実績も申し分ない。
スピードランク7位と上位には一歩及ばずとなっているが、レースタイム差-2.4だったヴィクトリアマイルで2着に好走しているように、時計勝負になっても問題ない。
問題は、相性の良いコースだったダービー卿CTで5着に負けていること。敗因がいまいちわからないだけに、ここで仕切り直しといきたい。

ラヴズオンリーユー  評価:B
戦績ランク11位 スピードランク4位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中11位とまったく走れていない。
相性の良いコースで走ったことがなく、東京マイルを勝つためのローテーションとは言えない。相性の良いコースをつか使ってきていないのなら、高松宮記念や東京新聞杯、ダービー卿CTを使うべきだった。
ただし、レースタイム差-3.8の超高速決着となったオークスの勝ち馬であり、時計は速くなればなるほどアドバンテージになる。その点では、時計が速い東京マイルは合っていると言える。
問題は、エリザベス女王杯以来のぶっつけローテーション。ヴィクトリアマイルに限らず、東京マイルで行われるG1では休養明けの馬には分が悪い。年明け初戦で連対を果たしたのは、古い順にダイゴウシュール、オグリキャップ、ジェニュイン、シンコウエドワード、アドマイヤマックス、グランプリボスくらい。

ヴィクトリアマイルの注目馬はアルーシャ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、アーモンドアイアルーシャコントラチェックノームコアの4頭。
この中で、もっとも人気にならないアルーシャを注目馬に取り上げる。

信越S勝ちだけで、重賞で連対経験もない。実績面では見劣るが、相性の良いコースでは【4 1 3 1】の安定感で、掲示板を外したのは終始外を回って力を出せなかった谷川岳S11着。

準オープン卒業のユートピアS(東京芝1600m)がレースタイム差-1.4の高速決着だったように、時計が速い方が良いタイプ。
前走の京都牝馬Sは、レースタイム差+2.3の重馬場が響き、まったくレースに参加できずにシンガリ負けを喫したが、良馬場ならもう少しやれるはず。
さすがにG1ともなると厳しいだろうが、ヒモ穴として狙うならありだろう。


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA