名馬コラム

【名馬コラム】グリーングラス TTG伝説を作り上げた名ステイヤー

TT対決に割って入った遅咲きの刺客

1996年~97年の競馬界は、トウショウボーイとテンポイントのライバル物語に沸きに沸いていた。ダービーこそ若き池上騎手のボーンヘッドでクライムカイザーに攫われたが、クラシック戦線は常にボーイとテンポイントを中心に回っていた。三冠最後の菊花賞もそうだった。

前哨戦の神戸新聞杯、京都新聞杯を連勝してきたトウショウボーイ。前哨戦に古馬との戦いを選び、京都大賞典3着ながらもエリモジョージ、ロングファストといった古豪に先着したテンポイント。

この菊花賞で、両雄を降して見事に戴冠を果たしたのがグリーングラスである。ボーイとテンポイントは、どちらもライバルにだけ勝てば栄冠を勝ち取れると思っていた。したがって、両雄に決着がついたゴール前、グリーングラスの追撃を振り切る余力はなかった。

グリーングラスは、年明けのAJCCをレコードで勝利し、菊花賞がフロックでなかったことを証明したが、トウショウボーイとテンポイントの横に並び立つまでには至らなかった。
その後3頭が相まみえたのは、宝塚記念と有馬記念だった。宝塚記念はトウショウボーイが勝ち、2着テンポイント、3着グリーングラス。有馬記念は1、2着が入れ替わり、テンポイントが勝ち、2着にトウショウボーイ、グリーングラスは3着だった。

TTの強さを後世に伝えた3番目の男

有馬記念でボーイが引退し、年明け初戦の日経新春杯でテンポイントは逝った。グリーングラスは、菊花賞で2頭を負かしたものの、両雄の3番手という地位に甘んじるよりほかなかった。しかし、両雄を打ち破り、ボーイとテンポイントがいなければという彼の意地が炸裂するのはこれからだった。

天皇賞(春)、有馬記念と2つのビッグタイトルを獲得し、両雄がターフを去ってから2年間もの間、第一線で活躍し続けた。そして、グリーングラスが活躍すればするほど、彼がライバルと呼んだトウショウボーイとテンポイントの強さは、いっそう際立ったのである。

もし、グリーングラスが彼らの引退以降に凡走を続けていたら、トウショウボーイとテンポイントとのライバル物語も色褪せてしまっただろう。彼らの物語を神話に昇華し、そして自らも彼らの間に割って入ったのは、すべてグリーングラスの功績である。

TTGの翌年、競馬界にはマルゼンスキーという外車の化け物が登場した。彼らの活躍をひと飲みできる器だったが、グリーングラスはそれを許さなかった。

競馬界には”3強”と呼ばれるライバル関係はいつでもある。しかし、”3強”のいずれも年度代表馬の栄冠に輝いているのはTTGだけだ。トウショウボーイとテンポイントが現役時代、グリーングラスはたしかに第三の男だった。
しかし、その後の彼の活躍を見れば、あのときグリーングラスが第三の男でよかったと、きっとライバルたちも胸をなでおろしているに違いない。

1979/12/26 中山
有馬記念
芝2500m 良
1着 大崎 55キロ 16頭 2人
2.35.4
(メジロファントム)
1979/11/10 東京
オープン
芝1800m 稍
2着 岡部 57キロ 5頭 1人
1.48.9
メジロイーグル
1979/06/03 阪神
宝塚記念
芝2200m 良
3着 岡部 55キロ 13頭 7人
2.12.7
サクラショウリ
1979/01/21 東京
AJCC
芝2400m 良
2着 岡部 58キロ 9頭 2人
2.29.3
サクラショウリ
1978/12/17 中山
有馬記念
芝2500m 良
6着 岡部 55キロ 15頭 3人
2.34.2
カネミノブ
1978/06/04 阪神
宝塚記念
芝2200m 重
2着 岡部 56キロ 7頭 1人
2.14.8
エリモジョージ
1978/04/29 京都
天皇賞(春)
芝3200m 稍
1着 岡部 58キロ 16頭 1人
3.20.8
(トウフクセダン)
1978/04/09 中山
オープン
芝1800m 良
3着 岡部 60キロ 12頭 2人
1.50.6
プレストウコウ
1978/01/22 東京
AJCC
芝2400m 良
2着 嶋田功 57キロ 6頭 1人
2.28.9
カシュウチカラ
1977/12/18 中山
有馬記念
芝2500m 良
3着 嶋田功 56キロ 8頭 4人
2.35.6
テンポイント
1977/11/27 東京
天皇賞(秋)
芝3200m 稍
5着 嶋田功 58キロ 12頭 3人
3.23.4
ホクトボーイ
1977/07/03 中山
日本経済賞
芝2500m 良
1着 嶋田功 58キロ 10頭 1人
2.33.8
(トウカンタケシバ)
1977/06/05 阪神
宝塚記念
芝2200m 良
3着 安田 55キロ 6頭 3人
2.13.8
トウショウボーイ
1977/04/29 京都
天皇賞(春)
芝3200m 稍
4着 安田 58キロ 14頭 2人
3.22.0
テンポイント
1977/02/20 東京
目黒記念
芝2500m 良
2着 安田 60キロ 13頭 1人
2.34.6
カシュウチカラ
1977/01/23 東京
AJCC
芝2400m 良
1着 安田 55キロ 14頭 3人
2.26.3
(ヤマブキオー)
1976/11/14 京都
菊花賞
芝3000m 重
1着 安田 57キロ 21頭 12人
3.09.9
(テンポイント)
1976/10/24 中山
鹿島灘特別
芝2000m 重
1着 安田 54キロ 7頭 1人
2.06.6
(シマノカツハル)
1976/10/03 中山
中距離H
芝2000m 良
2着 安田 55キロ 17頭 2人
2.02.1
トミカゼ
1976/07/10 中山
マーガレット賞
芝2000m 良
2着 岡部 54キロ 17頭 2人
2.03.1
トウフクセダン
1976/06/06 東京
あじさい賞
芝2000m 重
1着 安田 54キロ 12頭 2人
2.06.0
(キショウリュウ)
1976/05/09 東京
NHK杯
芝2000m 良
12着 郷原 56キロ 16頭 5人
2.03.9
コーヨーチカラ
1976/04/04 中山
300万下
ダ1800m 不
4着 郷原 54キロ 13頭 1人
1.53.6
レッドフラッシュ
1976/03/13 中山
未勝利
ダ1700m 良
1着 郷原 54キロ 14頭 1人
1.47.8
(バイエル)
1976/02/22 中山
新馬
芝1600m 稍
4着 郷原 54キロ 19頭 2人
1.39.9
ローヤルセイカン
1976/01/31 中山
新馬
芝1400m 良
4着 郷原 54キロ 18頭 3人
1.26.3
トウショウボーイ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA