【平安S】ロードレガリス 斤量差活かせば5連勝で重賞初制覇のチャンス

 

こんばんわ、ウキョーです。
ダートの新星になりうるロードレガリスが、いよいよ一線級との対戦です。
ここまで底を見せない4連勝で、ここを突破できれば世代交代になるでしょう。

京都ダ1900mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アシャカトブ × ×
2
2 ロードレガリス
3
3 ヒストリーメイカー
4 ハヤヤッコ × ×
4
5 オメガパフューム
6 ヒロブレイブ ×
5
7 ゴールドドリーム
8 スマハマ
6
9 ミツバ ×
10 スワーヴアラミス
7
11 ヴェンジェンス
12 マグナレガーロ
8
13 アッシェンプッテル ×
14 ダンツゴウユウ × ×

【軸推奨馬】
◎ 2番ロードレガリス
○ 7番ゴールドドリーム
▲ 8番スマハマ
△10番スワーヴアラミス
× 5番オメガパフューム

◎ロードレガリスは、中央へ再転厩後は相性の良いコースばかりを使われて4連勝だから、戦績面では抜けている。また、前走のアルデバランSでは、スローペースながら上り35.9秒で抜け出し、2着馬に半馬身差、3着以下には5馬身差をつけている。京都ダ1900mで上がりが36.0秒を切ったのは初めてのことである。重賞でも十分にやっていける力はある。5連勝でG1戦線へ殴り込む。

○ゴールドドリームは、相性の良いコースのトータル成績が【6 4 0 1】で、掲示板を外したのは3歳時のチャンピオンズC12着だけの安定感。その内訳も、フェブラリーS、チャンピオンズCのG1を2勝しており、実績面では頭ひとつ以上抜けている。スピードランク4位で、時計勝負になっても問題ない。あとは、消耗戦になったサウジCの疲れがどれだけ抜けているかということ。

▲スマハマは、前走の東海Sが案外だったが、レースタイム差-2.9の名鉄杯勝ちがあるように、時計勝負になれば、まだまだ見限れない。ただ、今回は転厩初戦となるだけに、単穴まで。

△スワーヴアラミスは、なるべく時計が速くなってほしい。×オメガパフュームは、逆に時計がかかって連対圏。

東京メインのメイSの予想はこちら→(◎7番アイスストーム)
新潟メインの大日岳特別の予想はこちら→(◎7番ベルスール)




競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA