【府中牝馬S】フェアリーポルカ 重賞2勝の実力馬、雨が残ればさらにアドバンテージ

 

こんばんわ、ウキョーです。
府中牝馬Sが8頭立てなんて、いつ以来でしょう。来週の新潟に、2200mの新潟牝馬S(OP特別)が新設されたからでしょうか。
おそらく新潟牝馬Sも重賞に格上げされるでしょうから、府中牝馬Sは東タイ杯の頃の1600m戦に戻せば、棲み分けができると思うのですが。

東京芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 シゲルピンクダイヤ      
2
2 ダノンファンタジー
3
3 フェアリーポルカ  
4
4 サラキア  
5
5 ラヴズオンリーユー    
6
6 シャドウディーヴァ × ×
7
7 トロワゼトワル   ×
8
8 サムシングジャスト  

【軸推奨馬】
◎ 3番フェアリーポルカ
○ 2番ダノンファンタジー
▲ 5番ラヴズオンリーユー
△ 4番サラキア
× 8番サムシングジャスト

◎フェアリーポルカは、相性の良いコースのトータル成績は【2 1 0 1】で掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は、3歳時のフローラS5着。レースタイム差+2.7の中山牝馬Sを勝っているように、時計がかかる馬場はもってこい。また、福島牝馬S勝ちはレースタイム差-0.5で、1800m戦なら時計は不問だし、馬場も不問。叩き2戦目で真価発揮。

○ダノンファンタジーは、相性の良いコースで【1 1 0 1】の安定感で、馬券圏外を外したのは前走の阪神牝馬S5着だけ。その阪神牝馬Sは、前半800m46.5秒の平均ペースながら、2F~3F目が10.8秒-11.4秒と流れたもので、スローの瞬発力勝負で好走を続けてきた同馬にとっては勝手が違った。その点、少頭数の今回はそこまでペースは速くならないだろう。

▲ラヴズオンリーユーは、レースタイム差-3.8のオークスを勝っており、どちらかというと時計勝負に強いスピードタイプ。しかし、レースタイム差+0.5の鳴尾記念で2着に好走しているように、ある程度なら時計がかかっても大丈夫。ただ、今回は本番前のひと叩きで、デビュー戦以来の1800m戦。ここは、単穴評価で様子を見たい。

△サラキアは、なるべく時計が速くなってほしい。×サムシングジャストは、逆に時計がかかって連対圏。

京都メインの太秦Sの予想はこちら→(◎4番クリンチャー)
新潟メインの飛翼特別の予想はこちら→(◎17番ヤマニンベリンダ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA