予想

【ジャパンC】シャフリヤール 無敗の三冠馬が相手でも戴冠のチャンスあり

こんばんわ、ウキョーです。

無敗の三冠馬を含む、世代を超えたダービー馬が4頭。さらに、G1勝ちの外国馬3頭が参戦し、豪華なメンバーが顔を揃えました。

コントレイルが有終の美を飾るのか、若きダービー馬が頂点に立つのか、アルカセット以来の外国馬の戴冠があるのか。

非常に楽しみなジャパンCになりました。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ムイトオブリガード ×
2 コントレイル
2
3 ブルーム
4 シャフリヤール
3
5 キセキ ×
6 グランドグローリー
4
7 オーソリティ ×
8 ウインドジャマー ×
5
9 アリストテレス
10 ロードマイウェイ ×
6
11 シャドウディーヴァ ×
12 サンレイポケット
7
13 モズベッロ ×
14 ユーバーレーベン ×
15 マカヒキ × × ×
8
16 ユーキャンスマイル
17 ワグネリアン
18 ジャパン

【軸推奨馬】
◎ 4番シャフリヤール
○ 2番コントレイル
▲ 9番アリストテレス
△ 7番オーソリティ
× 5番キセキ

◎シャフリヤールは、相性の良いコースで【3 0 1 0】の安定感。毎日杯勝ちにダービー勝ちと、実績面も申し分ない。毎日杯がレースタイム差-3.1で、ダービーが-3.8と、時計勝負に強いスピードタイプであり、時計が速い東京芝2400mは合っている。初古馬対戦がネックになるが、秋天のエフフォーリアを物差しにすれば、十分に足りる。

○コントレイルは、最近の戦績が物足りないと言われているが、菊花賞勝ち、JC2着、大阪杯3着、天皇賞(秋)2着と、言われるほど悪くない。むしろ一流馬のそれだ。”無敗の三冠馬”という枕がつかなければ、まったく問題ない戦績である。ただ、前走で一息だったスタートが気になる。

▲アリストテレスは、本質的には時計がかかった方が良いのだが、前走の京都大賞典で、レースタイム差-1.9の高速決着を2着に好走しており、まだまだ成長している。ここも、ある程度の時計なら対応できる。

△オーソリティは、コース得意のルメール騎手の手腕に期待。×キセキは、なるべく時計がかかってほしい。

阪神メインの京阪杯の予想はこちら→(◎2番エイティーンガール)

応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA