予想

夏大好きのホッコーサラスターが初OP突破!【キーランドCの予想】

こんばんわ、ウキョーです。
明日は新潟2歳SとキーランドCと、重賞が2鞍ありますが、2歳戦はデータが不足しますので、キーンランドCを買います。

 
札幌芝1200mのコースデータはこちら→

 
【予想優先順位】
1.展開
2.騎手
3.タイム
4.戦績
5.コース特性




【1.展開】
 1番セカンドテーブル
 4番シュウジ
 5番ソルヴェイグ
13番ナックビーナス
10番アクティブミノル

 
【2.騎手】
 8番ホッコーサラスター
12番レッツゴードンキ

 
【3.タイム】
 7番サドンストーム
 4番シュウジ
10番アクティブミノル
 8番ホッコーサラスター
 9番サトノルパン

マイナスポイント
→ 5番ソルヴェイグ
→ 3番エポワス
→ 2番ファントムロード

 
【4.戦績】
12番レッツゴードンキ
 8番ホッコーサラスター
 9番サトノルパン
 3番エポワス
14番ブランボヌール

マイナスポイント
→ 2番ファントムロード
→10番アクティブミノル
→ 7番サドンストーム

 
【5.コース特性】
 5番ソルヴェイグ
 9番サトノルパン
 8番ホッコーサラスター
10番アクティブミノル
 6番オメガヴェンデッタ

マイナスポイント
→ 2番ファントムロード
→13番ナックビーナス
→ 3番エポワス

 
【軸推奨馬】
◎ 8番ホッコーサラスター
○ 4番シュウジ
▲ 9番サトノルパン
△10番アクティブミノル
×12番レッツゴードンキ

◎ホッコーサラスターは、相性の良いコースのトータル成績が【3 3 2 4】と着外は多いが、3勝6連対は今回のメンバーなら胸を張っていい。時計が速くなると甘くなるタイプなので、時計がかかる札幌芝1200mは合っているはず。前走で準オープンを勝ったばかりで、なかなか相手も揃ったが、コース得意の池添騎手に、有利枠も引けたのであれば、十分勝負になる。夏場に調子を上げるので、おそらくここが今季最後のレースとなるので、目一杯に仕上げてくるはず。

○シュウジは、どちらかというと時計がかかるコースに向いており、札幌は初遠征になるが、問題ないだろう。戦績項目にプラスはないが、相性の良いコースでは函館SS(函館芝1200m)2着、阪神JF(阪神芝1600m)5着、デイリー杯2歳S(京都芝1600m)2着と、実績では遜色ない。古馬に混じっても前に行けることは前走で証明されたし、前が有利な札幌芝1200mは展開面でもアドバンテージがある。

▲サトノルパンは、時計がかかって良いタイプで、前走の高松宮記念は、超高速決着に泣かされて18着に惨敗したが、今回に限っては気にしなくていい。相性の良いコースでは【2 2 2 4】と、上位2頭には及ばないものの、及第点はあげられる。前に行きたいので、できれば京阪杯勝ちの和田竜騎手が良かったが、有利枠も引けたし、ルメール騎手ならプラスにはならないがマイナスにもならない。

△アクティブミノルは、なるべく時計が速くなってほしい。×レッツゴードンキは、逆に時計が遅くなればなるほど有利。

 

新潟メインの新潟2歳Sの予想はこちら→(◎14番マイネルバールマン)
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA