【京王杯2歳S】レガトゥス まだまだ幼いが先物買いで好配当

 

こんばんわ、ウキョーです。
フルゲートの京王杯2歳Sは珍しいですね。調べてみたら、5年ぶり2度目でした。
2歳戦は苦手なのですが、馬券的には面白そうなので参戦します!

東京芝1400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ロンギングバース ×    
2 リメス ×
2
3 マツリダスティール   ×
4 リンゴアメ   ×
3
5 ニシノガブリヨリ ×   ×
6 モントライゼ     ×
4
7 プルスウルトラ   ×  
8 オリアメンディ
5
9 ファルヴォーレ  
10 ジャガード   ×
6
11 リフレイム      
12 タマダイヤモンド        
7
13 クムシラコ   ×  
14 ストライプ    
15 レガトゥス  
8
16 ユングヴィ      
17 ロードマックス   ×  
18 ブルーシンフォニー    

【軸推奨馬】
◎15番レガトゥス
○14番ストライプ
▲11番リフレイム
△18番ブルーシンフォニー
× 4番リンゴアメ

◎レガトゥスは、前走の未勝利戦が引っ掛かりながら、ラスト34.0秒の末脚で勝利。レースタイム差+-0と、時計面では評価できないものの、そこまで時計が速くない今の東京芝ならチャンスはある。ルメール騎手から乗り替わりとなるが、鞍上の戸崎騎手はコースを得意にしており、さらに今回は有利枠まで引けたとなれば、自ずと展開も向いてくる。560キロの大型馬だけに、叩いた上積みにも期待したい。

○ストライプは、前走の未勝利戦をレースタイム差-1.8の高速決着で制した。その未勝利戦は、前半600m33.1秒-後半600m36.9秒のハイラップ、さらに12.6秒-12.2秒-12.1秒の加速ラップの高評価レース。2着以下に4馬身差をつけており、重賞でも楽しみな逸材である。ただ、鞍上の斎藤騎手がランク外のため、ここは対抗評価まで。

▲リフレイムは、外へ逸走しながら勝ち切ったデビュー戦が圧巻。そのデビュー戦は、稍重ながらレースタイム差-2.2という好タイム。一転、前走はレースタイム差+-0の競馬で、2着を5馬身離す圧勝。硬軟自在の走りっぷりには、奥の深さを感じざるを得ない。とはいえ、気性の悪さがどこで顔を出すかわからない現状では、単穴まで。

△ブルーシンフォニーは、なるべく時計がかかってほしい。×リンゴアメは、戦績項目のマイナスを有利枠で相殺したい。

阪神メインのファンタジーSの予想はこちら→(◎7番モンファボリ)
福島メインの河北新報杯の予想はこちら→(◎3番バーンフライ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA