予想

【京王杯2歳S】トウシンマカオ 前走レベルに疑問も距離短縮でパフォーマンスアップ

こんばんわ、ウキョーです。

先週の東京芝は一気に馬場が回復し、雨が降っても高速馬場を維持していました。京王杯2歳Sも、時計勝負に強いスピードタイプに分がありそうです。

スピードランク上位馬は、キングエルメス、アポロルタ、ラブリイユアアイズ、トウシンマカオ、ファンデルです。

東京芝1400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 スズカコテキタイ × ×
2
2 テーオースパロー ×
3
3 キングエルメス
4 ファンデル ×
4
5 ベルウッドブラボー
6 セルバーグ
5
7 アポロルタ ×
8 トウシンマカオ
6
9 レッドリブオン ×
10 コラリン ×
7
11 ラブリイユアアイズ ×
12 ジャスパークローネ
8
13 ヴィアドロローサ × ×
14 シゲルファンノユメ

【軸推奨馬】
◎ 8番トウシンマカオ
○14番シゲルファンノユメ
▲ 5番ベルウッドブラボー
△10番コラリン
× 2番テーオースパロー

◎トウシンマカオは、前走の新馬戦がレースタイム差-1.6の高速決着で、時計勝負になっても問題ない。前半800m47.7秒-後半800m47.6秒の平均ペースで、ラスト2Fも11.2秒-12.1秒とそれほど失速はしていない。そもそも1200mのデビュー戦を除外されて回ったマイル戦だったことから、1Fの短縮はアドバンテージになりそう。

○シゲルファンノユメは、前々走の未勝利戦勝ちがレースタイム差-1.4の高速決着で、時計が速い今の東京芝は合っている。その未勝利戦は前半600m34.7秒-後半600m35.4秒の平均やや速めのペース。これを4番手追走から上り最速で、2着以下に3馬身差。その2着馬が次走であっさり勝ち上がっている。ここでも好勝負できる。

▲ベルウッドブラボーは、前走のダリア賞がレースタイム差-1.1。時計が速くなっても大丈夫。ただ、体調不良でサウジアラビアRCを見送った過程があり、当日の気配には注意。

△コラリンは、なるべく時計がかかってほしい。×テーオースパローは、とにかく時計がかかってほしい。

阪神メインのファンタジーSの予想はこちら→(◎9番ママコチャ)
福島メインの河北新報杯の予想はこちら→(◎10番ワンダーシエンプロ)

応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA