予想

【京都2歳S】エゾダイモン 前走内容から重賞でも遜色ない

こんばんわ、ウキョーです。

京都2歳Sで人気になりそうなのは、G1馬3頭の下になるグランヴィノスでしょう。ただ、今年の2歳重賞は、1番人気が弱いですね。勝ったのは、札幌2歳Sのドゥーラだけ。

まぁ、たまたまなんですが、気にはなります。

さて、先週の阪神芝は、先週の日曜が馬場差-1.1でした。最終とはいえ、今週も時計が速くなりそうです。

スピードランク上位馬は、グリューネグリーンエゾダイモンティムールトップナイフコスモサガルマータです。

阪神芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アレクサ ×
2
2 シュタールヴィント
3 サイブレーカー
3
4 トップナイフ ×
5 エゾダイモン
4
6 グランヴィノス
7 グリューネグリーン
5
8 スマラグドス ×
9 ヴェルテンベルク ×
6
10 コスモサガルマータ
11 アイルシャイン ×
7
12 ティムール ×
13 ナイトキャッスル
8
14 ロードプレイヤー ×
15 ビキニボーイ × ×

【軸推奨馬】
◎ 5番エゾダイモン
○ 6番グランヴィノス
▲ 7番グリューネグリーン
△ 2番シュタールヴィント
×12番ティムール

◎エゾダイモンは、前走の未勝利戦(中京芝2000m)が稍重馬場で2.00.8の好時計勝ち。稍重以上でこれより速かったのは、2000年以降に2鞍のみ。レースはスローの上り勝負で、強調すべき点はありませんが、時計は十分に通用する。今年調子がいいハーツクライ産駒でもあり、重賞でも積極的に買いたい。

○グランヴィノスは、やや人気先行のきらいがあるが、折り合い抜群に抜け出してきたデビュー戦は、レースセンスの塊といえよう。さらに今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の川田騎手なら、展開も自ずと向いてくる。ただ、前走が基準タイム差+0.3なので、高速決着は未知数。

▲グリューネグリーンは、前走の未勝利戦がレースタイム差-2.9の高速決着。輸送さえクリアできれば、ここでも通用する。

△シュタールヴィントは、なるべく時計がかかってほしい。×ティムールは、逆に時計が速くなって連対圏。

東京メインのキャピタルSの予想はこちら→(◎4番ララクリスティーヌ)


応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA