【マイルCS】レシステンシア 抜群のスピードで逃げ切り期待

 

こんばんわ、ウキョーです。
グランアレグリア、サリオス、インディチャンプが揃って出走する、かなりの好メンバーとなりました。
3頭ともに甲乙つけがたいのですが、本命はレシステンシアになりました。3歳牝馬でマイルCSを勝つとなると、史上初です。記録づくめの秋G1ですから、今回も……。

阪神芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ベステンダンク      
2 レシステンシア  
2
3 ケイアイノーテック  
4 グランアレグリア    
3
5 メイケイダイハード    
6 ラウダシオン ×
4
7 アドマイヤマーズ  
8 インディチャンプ ×
5
9 カツジ × ×    
10 ブラックムーン   ×  
6
11 スカーレットカラー   ×
12 アウィルアウェイ  
7
13 タイセイビジョン   ×  
14 サウンドキアラ   ×    
8
15 ペルシアンナイト     ×  
16 ヴァンドギャルド    
17 サリオス      

【軸推奨馬】
◎ 2番レシステンシア
○ 7番アドマイヤマーズ
▲ 4番グランアレグリア
△ 6番ラウダシオン
×17番サリオス

◎レシステンシアは、相性の良いコースで【1 1 1 0】の好成績で、その中身も阪神JF勝ちに、桜花賞2着だから実績面も申し分ない。とくに阪神JFの勝利は圧巻の一言。前半800m45.5秒のハイペースを自ら演出し、なおかつ上り最速で2着以下に5馬身差の圧勝劇。そのスピードは、このメンバーに入っても遜色ない。タメ逃げで敗れたチューリップ賞の鞍上北村友騎手に戻り、よもや同じ轍は踏むまい。ハイペースの消耗戦に持ち込んで、一気の逃げ切りに期待。

○アドマイヤマーズは、相性の良いコースで1戦しかしていないが、朝日杯FS勝ちなら問題ない。また、相性の悪い皐月賞で4着に負けているのも好材料。今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の川田騎手なら、展開も自ずと向いてくるはず。3歳の時点で香港マイルを勝っているように、このメンバーに入っても実力は互角以上。ただ、スピードランク11位なので、なるべく時計がかかってほしい。

▲グランアレグリアは、レースタイム差-1.6の阪神C勝ちに、同-1.3の安田記念を勝っているように、時計が速い馬場に向いているスピードタイプで、時計が速い今の阪神芝は合っている。前走のスプリンターズSは届きそうもない位置から上がり最速で2着に2馬身差の圧勝劇を演じており、距離延長で追走は楽になるだろう。

△ラウダシオンは、戦績項目のマイナスを有利枠で相殺したい。×サリオスは、とにかく時計が速くなってほしい。

東京メインの霜月Sの予想はこちら→(◎4番エイシンポジション)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA