【マイラーズC】ラセット 展開待ちだが力は足りる

 

こんばんわ、ウキョーです。
阪神芝は先週に続き時計が速く、土曜日も馬場差-2.2と、かなりの高速馬場となっていました。
ここまで時計が速くなれば、必然的に時計勝負に強いスピードタイプにアドバンテージです。
スピードランク上位は、エアロロノア、ラセット、ルフトシュトローム、フォックスクリーク、アルジャンナです。

阪神芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ベステンダンク   × × ×
2 エアスピネル        
2
3 パンサラッサ          
4 カイザーミノル   ×      
3
5 ケイデンスコール    
6 アルジャンナ ×
4
7 ボンセルヴィーソ        
8 ダイワキャグニー   ×    
5
9 ルフトシュトローム        
10 エアロロノア   ×
6
11 ブラックムーン       ×
12 ラセット    
7
13 ワールドウインズ       × ×
14 ザイツィンガー     ×  
8
15 フォックスクリーク    
16 ギベオン      

【軸推奨馬】
◎12番ラセット
○ 6番アルジャンナ
▲ 5番ケイデンスコール
△15番フォックスクリーク
×10番エアロロノア

◎ラセットは、レースタイム差-2.0の高速決着だった昨年の中京記念で2着に好走しているように、時計が速くなっても対応できるスピードは十分。戦績項目に加点はないが、相性の良いコースで【1 3 0 4】ならマイナスにはならない。有利枠を引いた今回は展開も向きそうで、初重賞制覇のチャンス。

○アルジャンナは、ダービー以来だった前走の洛陽Sで5着敗退も、上り32.8秒でコンマ1秒差なら及第点。レースタイム差-4.3の高速決着だった東スポ杯2歳Sでは2着。勝ったコントレイルには1.0秒離されたが、自身もー3.3で走り、3着以下に4馬身差。このメンバーなら力上位。

▲ケイデンスコールは、相性の良いコースの中山芝1800mで行われた中山記念でクビ差の2着。京都金杯勝ちがフロックではなく、完全復調を果たしたことを証明した。今回は有利枠も引けたことで、ここも好勝負可。

△フォックスクリークは、コース得意の藤岡佑騎手の手腕に期待。×エアロロノアは、とにかく時計が速くなってほしい。

東京メインのフローラSの予想はこちら→(◎13番ジェニーアムレット)
新潟メインの福島放送賞の予想はこちら→(◎11番ナイントゥファイブ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA