【中山牝馬S】フェアリーポルカ ハンデ恵まれ2連覇に向けて順調

 

こんばんわ、ウキョーです。
金曜夜から土曜にかけて、かなりの降雨量が予想されています。
先週の弥生賞がレースタイム差+0.7ですから、今週はさらに時計がかかりそうです。
時計勝負に強いドナアトラエンテ、スイープセレリタス、インターミッションらにとっては、嫌な雨になるでしょう。

中山芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 リリーバレロ ×
2 リアアメリア ×  
2
3 アルーシャ ×
4 ロフティフレーズ ×
3
5 シャドウディーヴァ
6 アブレイズ
4
7 フェアリーポルカ
8 デンコウアンジュ × ×
5
9 ドナアトラエンテ ×
10 スイープセレリタス × ×
6
11 ロザムール ×
12 インターミッション ×
7
13 ランブリングアレー ×
14 シーズンズギフト
8
15 サトノダムゼル
16 ホウオウピースフル ×

【軸推奨馬】
◎ 7番フェアリーポルカ
○15番サトノダムゼル
▲ 6番アブレイズ
△ 5番シャドウディーヴァ
× 2番リアアメリア

◎フェアリーポルカは、レースタイム差+2.7だった去年の中山牝馬Sを制しているように、時計がかかった方が良いタイプで、週末の雨は恵みの雨となりそう。実際、レースタイム差-1.2と時計が速かった小倉大賞典では8着に敗退している。相性の良いコースでは【2 1 1 2】で、掲示板を外したのはクイーンS6着だけ。それも、レースタイム差-1.6の高速決着だった。時計がかかりそうな今回は巻き返し十分。

○サトノダムゼルは、レースタイム差-1.9の愛知杯で7着に敗れ、レースタイム差+1.9と時計がかかったディセンバーSでは2着好走と、時計がかかった方が良いタイプで、時計がかかりそうな今の中山芝は絶好の舞台。また、前走の愛知杯は1000m通過57.9秒の超ハイペースで、先行勢で1秒以内に踏みとどまったのは同馬だけ。ここは重賞初制覇のチャンス。

▲アブレイズは、スピードランク8位で、今週末の雨で時計がかかるのは好材料。前走の愛知杯では、これまでとは違う差し競馬に脚質変更し、コンマ5秒差4着と善戦。フラワーC勝ちのコースで復活に期待。

△シャドウディーヴァは、とにかく時計がかかってほしい。×リアアメリアは、コース得意の福永騎手の手腕に期待。

阪神メインのポラリスSの予想はこちら→(◎12番テーオーターゲット)
中京メインの中京スポーツ杯の予想はこちら→(◎5番ワイドカント)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA