名馬コラム

【名馬コラム】ナリタハヤブサ 不遇の時代に現れた砂のスピードスター

ダート不遇の90年代

1990年代前半の日本競馬界では、ダートは芝より格下に見られており、重賞はわずか3鞍(フェブラリーH、根岸S、ウインターS)しかなくローテーションも整備されていなかった。その3鞍もすべてG3で、G1どころかG2すら存在しなかった。

しかし、そんな時代にもダートの鬼と呼ばれる馬は、やはり存在していた。そんなダート不遇時代に現れたスピードスターが、ナリタハヤブサだった。

ナリタハヤブサは、デビュー直後はクラシックを期待され、新馬2戦目を勝ち上がって3歳春はクラシック路線をひた走っていた。ペガサスS(現アーリントンC)、スプリングSを2着して、皐月賞にも出走した素質馬だった。

しかし、ナリタハヤブサの蹄は非常に脆く、負担のかかる芝では全力を出し切れずに終わることが多かった。ナリタハヤブサの同期には、アイネスフウジン、メジロライアン、メジロマックイーンがおり、当時の装蹄師は数年後、「今の装蹄技術があれば、メジロマックイーンのライバルにだってなりえた」と語っている。

そんなハヤブサが活路を見出したのが、ダートだった。秋の京都新聞杯(G3)で14着に敗退すると菊花賞を諦め、12月の中京競馬場で行われるウインターS(ダ2300m・G3)に出走を決めた。

当時のダート界を牽引していたのは、カリブソング、オサイチブレベストを筆頭に、ミスタートウジン、マンジュデンカブト、インターシオカゼなどがひしめき、ダートのオープン戦はほとんど彼らが上位を独占していた。ハヤブサも素質は認められてはいたものの、ダートの猛者を相手に下馬評は6番人気と低かった。

ところがハヤブサはこの下馬評を覆し、1番人気のカリブソングに半馬身差で競り勝ち、レコードタイムのおまけをつけて一気にダート界の寵児となった。

驚愕のレコードタイム

ナリタハヤブサがスピードスターと称される理由は、生涯4度のレコード更新を記録しているから。

なかでも、東京ダート1600mのレコードは出色である。1分34秒5のレコードタイムは、当時更新は不可能だといわれていた。34秒台で走ることすら不可能に近かった当時(以降ハヤブサ以外に34秒台で走ったのは2頭だけ)、そのレコードタイムは競馬関係者の度肝を抜いた。

しかも、ハヤブサがこのレコードを出したのはパンパンの良馬場、さらに60.5キロという酷量を背負ってのものだったから価値は高い。

しかし、ダート路線が整っていなかった当時、ダート重賞を3勝し帝王賞まで制したハヤブサは、60キロ以上の酷量が当たり前になってしまった。そもそも蹄の悪いハヤブサにこの斤量は厳しく、地方への転身を余儀なくされた。

地方との交流が始まるのは1995年、ダートグレード制が導入されるのが1997年。あと数年遅れて生まれていれば、ハヤブサの評価も違ったものになっていたに違いない。

1995/04/16 三条
仲春特別
ダ1700m 稍
中止 向山 55キロ 9頭 2人

レイクダービー
1993/11/20 新潟
晩秋特別
ダ1600m 重
4着 向山 56キロ 9頭 1人
1.40.4
カルストンテリブル
1993/10/10 新潟
神無月特別
ダ1700m 良
1着 向山 55キロ 10頭 1人
1.49.5
(タケデンファイター)
1993/09/18 新潟
米山特別
ダ1700m 良
1着 向山 55キロ 10頭 1人
1.50.6
(エイシンライダー)
1993/06/28 新潟
金北山特別
ダ1700m 良
1着 向山 55キロ 8頭 1人
1.49.9
(ダイワベッカー)
1993/04/12 大井
帝王賞
ダ2000m 良
8着 横山典 55キロ 16頭 2人
2.06.3
ハシルショウグン
1993/03/21 小倉
中京記念
芝2000m 良
2着 久保田 57キロ 16頭 5人
2.03.4(7-3-4-2)
アラシ
1993/02/20 東京
フェブラリーH
ダ1600m 良
8着 横山典 61キロ 16頭 5人
1.37.1(12-12)
メイショウホムラ
1993/01/31 東京
銀嶺S
ダ1400m 良
7着 横山典 61キロ 14頭 6人
1.23.9(12-11)
スタビライザー
1992/12/20 中京
ウインターS
ダ2300m 良
5着 横山典 59キロ 16頭 1人
2.27.0(15-15-10-10)
チェリーコウマン
1992/11/07 東京
根岸S
ダ1200m 良
8着 橋本 59キロ 14頭 9人
1.11.7(12-12)
ハッピィーギネス
1992/07/04 中京
東海S
ダ1700m 良
5着 熊沢 59キロ 11頭 1人
1.45.0(8-8-8-8)
ヘイセイシルバー
1992/06/14 阪神
宝塚記念
芝2200m 良
9着 田島 57キロ 13頭 6人
2.22.7(12-12-8-10)
メジロパーマー
1992/05/16 東京
武蔵野S
ダ1600m 稍
1着 横山典 60.5キロ 13頭 1人
1.34.5(11-11)
(ダイカツジョンヌ)
1992/04/15 大井
帝王賞
ダ2000m 稍
1着 横山典 56キロ 15頭 6人
2.06.6
(ラシアンゴールド)
1992/03/21 阪神
仁川S
ダ1800m 重
4着 松永幹 60キロ 10頭 1人
1.20.7(5-5-6-5)
ヘラクレス
1992/02/22 東京
フェブラリーH
ダ1600m 良
3着 横山典 60キロ 16頭 5人
1.35.7(9-10)
ラシアンゴールド
1991/12/15 中京
ウインターS
ダ2300m 良
1着 熊沢 58キロ 12頭 3人
2.24.5(6-6-3-3)
(マンジュデンカブト)
1991/11/02 東京
根岸S
ダ1200m 良
9着 横山典 58キロ 13頭 2人
1.11.7(13-11)
トモエリージェント
1991/10/05 東京
神無月S
ダ1600m 良
5着 横山典 58キロ 11頭 1人
1.36.8(11-7)
マンジュデンカブト
1991/08/25 函館
シーサイドS
ダ1700m 良
5着 横山典 58.5キロ 12頭 2人
1.46.5(8-7-7-7)
カミノクレッセ
1991/07/27 札幌
タイムス杯
ダ1700m 不
2着 横山典 58キロ 12頭 2人
1.43.4(9-7-3-2)
カミノクレッセ
1991/06/30 札幌
札幌記念
芝2000m 良
13着 横山典 57.5キロ 16頭 5人
2.02.2(14-12-9-7)
メジロパーマー
1991/05/11 東京
武蔵野S
ダ1600m 良
2着 松永幹 58キロ 12頭 1人
1.35.5(9-8)
ミスタートウジン
1991/02/16 東京
フェブラリーH
ダ1600m 重
1着 横山典 56.5キロ 14頭 1人
1.34.9(9-4)
(インターシオカゼ)
1990/12/26 中京
ウインターS
ダ2300m 良
1着 横山典 54キロ 15頭 6人
2.25.3(3-3-4-4)
(カリブソング)
1990/11/24 東京
キャピタルS
芝1400m 良
14着 蛯沢 54キロ 16頭 13人
1.22.4(16-15)
ストロングクラウン
1990/10/14 京都
京都新聞杯
芝2200m 重
14着 土肥 57キロ 15頭 8人
2.14.7(12-11-10-11)
メジロライアン
1990/09/16 阪神
朝日CC
芝2000m 不
4着 岡 53キロ 11頭 2人
2.02.4(7-4-6-7)
ファンドリポポ
1990/05/26 阪神
マーガレットS
芝1600m 良
3着 河内 57キロ 9頭 2人
1.36.6(5-7-7)
ホリノウイナー
1990/05/06 東京
NHK杯
芝2000m 良
8着 蛯沢 56キロ 16頭 9人
2.01.6(8-8-7)
ユートジョージ
1990/04/15 中山
皐月賞
芝2000m 良
12着 武豊 57キロ 18頭 8人
2.03.3(6-8-7-11)
ハクタイセイ
1990/03/25 中山
スプリングS
芝1800m 良
2着 武豊 56キロ 14頭 5人
1.49.7(10-9-7-4)
アズマイースト
1990/03/04 阪神
ペガサスS
芝1600m 重
2着 武豊 55キロ 12頭 3人
1.38.0(9-8-6)
キーミノブ
1990/02/11 京都
きさらぎ賞
芝2000m 不
3着 武豊 55キロ 12頭 3人
2.04.9(7-7-5-6)
ハクタイセイ
1989/12/23 阪神
千両賞
芝1600m 良
5着 武豊 54キロ 15頭 1人
1.37.2(7-8-7)
シンシノブ
1989/12/02 阪神
エリカ賞
芝2000m 良
2着 武豊 54キロ 7頭 1人
2.02.2(2-2-3-3)
グランドゴールド
1989/10/28 京都
もみじS
芝1600m 良
6着 武豊 53キロ 10頭 1人
1.36.3(5-4)
ツルマルミマタオー
1989/10/01 阪神
新馬
芝1600m 良
1着 武豊 52キロ 14頭 1人
1.36.8(2-2-1)
(タマモハヤト)
1989/09/10 阪神
新馬
芝1600m 良
3着 岡 52キロ 14頭 2人
1.37.3(3-3-6)
スーパートライ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA