【NHKマイルC】サクセッション 前々走のジュニアC勝利が高評価

 

こんばんわ、ウキョーです。
世代のマイル界ではナンバーワンだと思っているレシステンシアが参戦してきました。
ただ、今回の調教はいくらなんでも軽すぎるんじゃないかと……。。桜花賞のときの調教が失敗だったとすれば、今回ので十分な気もしますが、さて答えはどちらなのでしょうか。

東京芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 シャチ ×
2 タイセイビジョン
2
3 レシステンシア ×
4 プリンスリターン
3
5 シャインガーネット
6 ギルデッドミラー
4
7 メイショウチタン
8 サクセッション
5
9 ラインベック × ×
10 ハーモニーマゼラン ×
6
11 ラウダシオン ×
12 ボンオムトゥック ×
7
13 ニシノストーム
14 ルフトシュトローム
15 ソウルトレイン
8
16 ストーンリッジ ×
17 サトノインプレッサ ×
18 ウイングレイテスト ×

【軸推奨馬】
◎ 8番サクセッション
○ 6番ギルデッドミラー
▲ 3番レシステンシア
△ 5番シャインガーネット
× 2番タイセイビジョン

◎サクセッションは、重賞未勝利ながら今回のメンバーではスピードランク2位。土曜の東京芝も時計が速く、今のコンディションは絶好の舞台となる。前々走のジュニアCでは、800m通過45.6秒のハイペースを、7-7-2の積極策から2馬身半差という強い競馬。さらに、今回は有利枠を引き、コース得意の横山典騎手が鞍上なら、重賞初制覇がG1勝利となっても驚けない。

○ギルデッドミラーは、前走のアーリントンCでタイセイビジョンに2馬身つけられてしまったが、初重賞挑戦で前半800m通過45.7秒のハイペースを、4角4番手からの粘りはG1でも通用するはず。コース得意の福永騎手へ手が戻るとなれば、展開も味方につけられる。ただ、時計が速すぎると未知数なので、なるべく時計がかかってほしい。

▲レシステンシアは、調教の軽さ、初の左回り、初の関東遠征と乗り越える壁が多いが、とにかく昨暮れの阪神JFの勝ちっぷりが圧巻。牡牝問わず、マイルなら世代トップレベルの力はある。時計勝負はどんと来いのタイプでもあり、あっさり勝たれても不思議ではない。

△シャインガーネットは、なるべく時計がかかってほしい。×タイセイビジョンは、逆に時計が速くなって連対圏。

京都メインの鞍馬Sの予想はこちら→(◎8番トゥラヴェスーラ)
新潟メインの新潟大賞典の予想はこちら→(◎11番ドゥオーモ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA