予想

【仁川S】テルペリオン 前2走の経験を経てリステッドなら力上位

阪神ダ2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 テーオーフォース
2 メイショウスミトモ ×
2
3 ビスカリア × ×
4 クリンチャー × ×
3
5 コスモカナディアン × ×
6 テルペリオン
4
7 アポロテネシー ×
8 デザートスネーク
5
9 ジュンヴァルカン ×
10 メイショウウタゲ × ×
6
11 ノーヴァレンダ
12 コマビショウ ×
7
13 ナムラアラシ
14 ヒストリーメイカー ×
8
15 ミッキーポジション ×
16 メモリーコウ

【軸推奨馬】
◎ 6番テルペリオン
○ 8番デザートスネーク
▲13番ナムラアラシ
△14番ヒストリーメイカー
× 7番アポロテネシー

◎テルペリオンは、前々走のブラジルCで大敗を喫しているが、自ら逃げてペースを作った経験と、ハイペースになった佐賀記念の経験がここで生きるはず。今回は有利枠を引き、鞍上がコース得意の松若騎手なら、ブラジルCのように押し出される展開はないだろう。57キロのトップハンデは厳しいが、連対圏なら期待大。

○デザートスネークは、相性の良いコースで【5 1 1 0】の安定感。ここまで掲示板を外した5戦は、すべて相性の悪いコースで、ここは狙ったかのようなローテーション。ここはスピードランク1位で、開幕週の稍重馬場(あるいは稍重に近い含水率)で時計が速くなりそうなのはアドバンテージ。鞍上の松田騎手が不安材料だが、そこは有利枠で相殺。

▲ナムラアラシは、馬体重+16キロの休み明けで3着を確保した前走のポルックスSで復活の兆しを見せた。相性の良いコースでは【3 0 2 6】と強調できないが、3勝していれば及第点。有利枠を引き、鞍上はコース得意の幸騎手。久しぶりの連対圏突入があっても。

△ヒストリーメイカーは、なるべく時計がかかってほしい。×アポロテネシーは、すんなりポジションを取れれば。

中山メインのサンシャインSの予想はこちら→(◎13番フィールインラヴ)
中京メインの中京スポニチ賞の予想はこちら→(◎3番サンレイポケット)



応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA