【日経新春杯】ヴェロックス ここで3歳時の輝きを取り戻す

   2021/01/17

こんばんわ、ウキョーです。
日経新春杯が中京で行われるのは初めてですね。
中京芝2200mは、最初のコーナーまでが長いので、それほどペースは上がりません。

中京芝2200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ダイワキャグニー        
2 ロサグラウカ ×        
2
3 サトノソルタス       ×
4 サンレイポケット   ×  
3
5 ミスマンマミーア     ×  
6 エアウィンザー          
4
7 バレリオ  
8 サトノインプレッサ ×    
5
9 ヴェロックス  
10 アドマイヤビルゴ      
6
11 クラージュゲリエ      
12 ワセダインブルー ×     ×
7
13 レイホーロマンス     ×  
14 ショウリュウイクゾ      
8
15 レクセランス       × ×
16 ミスディレクション       ×

【軸推奨馬】
◎ 9番ヴェロックス
○ 7番バレリオ
▲11番クラージュゲリエ
△10番アドマイヤビルゴ
×14番ショウリュウイクゾ

◎ヴェロックスは、相性の良いコースで【1 1 1 0】の安定感。逆に、相性の悪いコースで【2 0 0 1】と勝鞍が多く、中京芝2200mは絶好の舞台となる。4歳時は長期休養で棒に振ってしまったが、クラシックでは2、3、3着の実績。重賞未勝利で57キロはちょっと見込まれた気もするが、それだけ力が上位であることの証でもある。コース得意の川田騎手の連続騎乗も心強い。

○バレリオは、相性の良いコースで【2 0 0 1】の安定感。唯一の着外は前走のアルゼンチン共和国杯(芝2500m)15着だけ。そのアルゼンチン共和国杯では、内枠から出して行って引っかかってしまった。それだけにテン乗りはマイナス材料だが、鞍上の和田竜騎手がコースを得意にしているのは救い。

▲クラージュゲリエは2度の長期休養があり、すでに5歳になっているが、皐月賞5着、ダービー6着の実績。前走のアンドロメダSでは、長休明けを叩いて2着に好走。勝ったのが、ここでも人気のアドマイヤビルゴ。アドマイヤが2キロ増の56キロで、同馬は据え置きなら、ここでも上位争いできる。

△アドマイヤビルゴは、なるべく時計が速くなってほしい。×ショウリュウイクゾは、逆に時計がかかって連対圏。

中山メインの京成杯の予想はこちら→(◎1番タイムトゥヘヴン)
小倉メインの門司Sの予想はこちら→(◎11番ソリストサンダー)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA