【NZT】ワーズワース 初芝も前走勝利は価値あり

 

こんばんわ、ウキョーです。
先週の中山芝は、若干時計が持ち直していました。今週末は晴天に恵まれそうで、レースタイム差-0.5くらいにはなりそうです。
ある程度、時計勝負に対応できるスピードが必要になりそうです。ちなみに、スピードランク上位はサトノブラーヴ、ワーズワース、ゴールドチャリス、スパークル、アヴェラーレになります。

中山芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 トーセンウォーリア × ×  
2 シティレインボー
2
3 アヴェラーレ  
4 ワザモノ   ×  
3
5 ヴィジュネル      
6 バスラットレオン    
4
7 サトノブラーヴ ×  
8 ワーズワース
5
9 ドゥラモンド ×  
10 ゴールドチャリス ×      
6
11 ゲンパチミーティア    
12 ロンギングバース ×      
7
13 ブルーシンフォニー ×
14 スパークル  
8
15 タイムトゥヘヴン ×
16 シュバルツカイザー  

【軸推奨馬】
◎ 8番ワーズワース
○ 3番アヴェラーレ
▲14番スパークル
△ 2番シティレインボー
×15番タイムトゥヘヴン

◎ワーズワースは、前走の1勝クラスが出色。勝ちタイム1.23.7より速かったのは、過去10年で24件(3歳戦限定)。その中にはモーニンやホワイトフーガ、シヴァージらの名前もある。レースは、前半600m33.9秒のハイペースを直線一気。上り36.3秒も優秀だ。生粋のダート馬の可能性は捨てきれないが、ここでも通用するポテンシャルはある。

○アヴェラーレは、デビュー戦(東京芝1400m)がレースタイム差-1.0の高速決着。前半600m35.5秒-後半600m35.0秒の平均ペースを、上り33.8秒で2着以下に1馬身1/4だから強かった。そして、前走の春菜賞は前半600m36.0秒のスローペースを、上り33.3秒で突き抜けており、ペースを問わずに速い上りを使えるのはアドバンテージになる。

▲スパークルは、スピードランク4位で、このメンバーに入っても潜在能力は上位。狭いスペースを割って出てきた前走からも根性は折り紙つきで、好位で流れに乗れればしぶとさは侮れない。

△シティレインボーは、コース得意の横山典騎手の手腕に期待。×タイムトゥヘヴンは、とにかく時計がかかってほしい。

阪神メインの阪神牝馬Sの予想はこちら→(◎4番マジックキャッスル)
新潟メインの福島中央テレビ杯の予想はこちら→(◎5番エースレイジング)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA