【オークス】ミヤマザクラ 良馬場で桜花賞の雪辱を期す

 

こんばんわ、ウキョーです。
デアリングタクトが強いのは承知しています。でも、かかり癖がある同馬が、スローみえみえの東京芝2400mで全力を出し切れるのか不安です。
デゼルのスイートピーSも強かったですね。こちらは、キャリ3戦目で初の一線級を相手に、2番人気では買いづらいのが本音です。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 デゼル
2 クラヴァシュドール
2
3 アブレイズ × ×
4 デアリングタクト
3
5 ホウオウピースフル ×
6 リアアメリア
4
7 ウインマイティ―
8 スマイルカナ
5
9 インターミッション ×
10 ミヤマザクラ
6
11 リリーピュアハート
12 マジックキャッスル
7
13 ウーマンズハート ×
14 フィオリキアリ × ×
15 チェーンオブラブ ×
8
16 ウインマリリン
17 マルターズディオサ
18 サンクテュエール

【軸推奨馬】
◎10番ミヤマザクラ
○ 2番クラヴァシュドール
▲ 8番スマイルカナ
△17番マルターズディオサ
× 6番リアアメリア

◎ミヤマザクラは、京都2歳S2着を高評価。2歳時のオープンクラスの芝2000m以上で連対をした牝馬は、2000年以降で3頭だけ。そのうち、ヤマニンアラバスタとマイネヌーヴェルは重賞を勝ち、古馬重賞でも連対を果たしている。レースタイム差-2.5の未勝利を勝っており、時計勝負になっても問題ない。馬場が重かった桜花賞からの巻き返しを期す。

○クラヴァシュドールは、相性の良いコースばかりを使われて、馬券圏外は桜花賞だけ。その桜花賞がレースタイム差+1.3で4着。前々走がレースタイム差-0.9で2着だから、時計が速くなりそうな今の東京芝2400mは合っている。コース得意のM・デムーロ騎手が鞍上なら、逆転の目も十分。

▲スマイルカナは、桜花賞で800m通過46.5秒の超ハイペースを演出しつつ、自ら3着に逃げ粘ったのは力の証。とはいえ、レースタイム差-0.9のチューリップ賞では7着に敗れているので、時計はなるべくかかった方が良い。東京芝2400mは逃げ馬苦戦のコースだが、連対圏ならある。

△マルターズディオサは、なるべく時計が速くなってほしい。×リアアメリアは、有利枠とコース得意の川田騎手の手腕に期待。

京都メインの烏丸Sの予想はこちら→(◎5番マスターコード)
新潟メインの韋駄天Sの予想はこちら→(◎10番ライオンボス)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA