【オーシャンS】ビアンフェ 去勢明けでもスピードは折り紙付き

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝1200mは、それほど時計は速くなりません。ただ、先週の中山はかなり速い馬場になっていました。
週末の雨がどれだけ残るか微妙なところですが、オーシャンSも時計は速くなりそうです。

中山芝1200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ナリタスターワン ×   ×    
2 アルピニズム  
2
3 カレンモエ  
4 ビアンフェ
3
5 アンヴァル      
6 ヒロイックアゲン  
4
7 カイザーミノル
8 コントラチェック       ×
5
9 エイティーンガール   ×
10 ヴェスターヴァルト   ×  
6
11 アストラエンブレム      
12 キングハート ×   × ×
7
13 アウィルアウェイ    
14 アイラブテーラー
8
15 ダイメイフジ ×
16 ラヴィングアンサー

【軸推奨馬】
◎ 4番ビアンフェ
○ 3番カレンモエ
▲ 2番アルピニズム
△ 6番ヒロイックアゲン
×13番アウィルアウェイ

◎ビアンフェは、2走前のセントウルSが、前半600m33.0秒のハイペースを3番手追走から5着。勝ったダノンスマッシュにコンマ4秒差なら、重賞でもやっていけるスピードは十分。前走のスプリンターズSはレースタイム差+0.3と時計がかかったもので、16着敗退も酌量の余地あり。去勢明けになるが、有利枠を引けた今回は巻き返しのチャンス。

○カレンモエは、相性の良いコースで【2 1 0 0】の安定感。全キャリアのなかで唯一馬券圏外を外した乙訓特別(4着)が、相性の悪い京都芝1200mだから、ここは絶好の舞台。前走の京阪杯はフィアーノロマーノに切れ負けたが、先行勢で残ったのは同馬のみ。今回は有利枠を引いたことで展開も向きそう。いかにも短距離向きのピッチ走法で、重賞初制覇を狙う。

▲アルピニズムは、相性の良いコースのトータル成績が【3 1 0 1】で、掲示板を外したのは、2勝クラス昇級初戦の勝浦特別12着だけ。その勝浦特別は、ワーストランク1位の藤田騎手だったので酌量の余地はある。力関係はわからないが、まだ底を見せていない戦績は魅力。

△ヒロイックアゲンは、なるべく時計がかかってほしい。×アウィルアウェイは、コース得意の三浦騎手の手腕に期待。

阪神メインのチューリップ賞の予想はこちら→(◎4番シャーレイポピー)
小倉メインの八代特別の予想はこちら→(◎10番ダディーズトリップ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA