予想

【桜花賞】ミヤマザクラ 2つの高評価レースで好走した実力は女王戴冠の資格あり

こんばんわ、ウキョーです。
明日の阪神はどうやら雨が降るようで、パンパンの良馬場は見込めそうもありません。
時計がかかって弱材料になるのは、スピードランク上位のレシステンシア、クラヴァシュドール。逆に、チャンスが出てきたのがリアアメリア、ウーマンズハートあたりです。

阪神芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ナイントゥファイブ ×
2 チェーンオブラブ ×
2
3 スマイルカナ ×
4 サンクテュエール
3
5 マルターズディオサ
6 ウーマンズハート ×
4
7 ヒルノマリブ ×
8 リアアメリア
5
9 デアリングタクト
10 フィオリキアリ × ×
6
11 クラヴァシュドール
12 インターミッション ×
7
13 マジックキャッスル
14 ミヤマザクラ
15 ヤマカツマーメイド × ×
8
16 ケープコッド ×
17 レシステンシア
18 エーポス

【軸推奨馬】
◎14番ミヤマザクラ
○17番レシステンシア
▲ 5番マルターズディオサ
△13番マジックキャッスル
×11番クラヴァシュドール

◎ミヤマザクラは、高評価レースの京都2歳Sで2着、クイーンC勝ち。阪神JFもチューリップ賞も使っていないので地味な印象だが、ここでも実力は折り紙つき。レースタイム差-0.2の京都2歳Sで好走できており、多少時計がかかっても大丈夫。コース得意の福永騎手なら、桜戴冠も夢じゃない。

○レシステンシアは、前走のチューリップ賞で切れ負けしての3着。やはり、阪神JFを勝った時のように、ハイペースで飛ばした方が良い。それだけに、コース得意とはいえ武豊騎手へのスイッチは気になる。とはいえ、戦績面もタイム面も、今回のメンバーでは抜けているので、あっさりがあっても驚けない。

▲マルターズディオサは、ハイペースの消耗戦だった阪神JFで2着、一転スローの上り勝負となったチューリップ賞を勝っており、どんなペースでもどんな時計でも力を出せる融通性は、3歳牝馬戦ではアドバンテージになる。ここは有利枠を引けたこともあり、逆転も十分にあり得る。

△マジックキャッスルは、コース得意の浜中騎手の手腕に期待。×クラヴァシュドールは、時計が速くなって連対圏。

中山メインの春雷Sの予想はこちら→(◎3番トゥラヴェスーラ)
福島メインの吾妻小富士Sの予想はこちら→(◎10番クリノフウジン)



応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA