【桜花賞】ジネストラ 実績劣るも前走アネモネSがハイレベル

   2021/04/11

こんばんわ、ウキョーです。
土曜の阪神芝はかなりの高速馬場となっており、桜花賞も高速決着が予想されます。
スピードランク上位馬は、メイケイエール、ミニーアイル、ヨカヨカ、シゲルピンクルビー、ソングラインです。

阪神芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ストライプ ×
2 ファインルージュ × ×
2
3 ブルーバード
4 ソダシ
3
5 アカイトリノムスメ
6 ストゥーティ
4
7 ククナ
8 メイケイエール ×
5
9 エンスージアズム × × ×
10 アールドヴィーヴル
6
11 ジネストラ
12 ヨカヨカ ×
7
13 エリザベスタワー
14 ミニーアイル ×
15 シゲルピンクルビー ×
8
16 ソングライン
17 ホウオウイクセル ×
18 サトノレイナス

【軸推奨馬】
◎11番ジネストラ
○ 4番ソダシ
▲ 8番メイケイエール
△18番サトノレイナス
×16番ソングライン

◎ジネストラは、前走のアネモネS2着が高評価。前半800m45.6秒-後半800m49.2秒の超ハイペースを、2番手追走から粘り込み、アナザーリリックには敗れたものの、3着以下には3馬身をつけており、最も強い競馬をしている。いまだ1勝馬で重賞経験もなく狙いづらいのは承知だが、前走があまりにも衝撃的。先物買いで買ってみたい。

○ソダシは、ハイペースの札幌2歳Sを4角先頭から勝ち切り、スローの上り勝負となったアルテミスSでも切れ負けせずに快勝、平均ペースの阪神JFも上手に立ち回ってハナ差の勝利。どんなペースでも、どんな時計でも結果を出してきたのはアドバンテージになる。今年に入って走っていないのは弱材料だが、その強さは折り紙つき。

▲メイケイエールは、前走のチューリップ賞で折り合いを欠いて引っ掛かりながら、同着に持ち込んだのは力の証。押さえずに気分よく走ったら、どこまで強いのか、そのポテンシャルは底知れない。ただ、その危うい気性からテン乗りはプラスにはならない。

△サトノレイナスは、なるべく時計がかかってほしい。×ソングラインは、逆に時計速くなって連対圏。

中山メインの春雷Sの予想はこちら→(◎11番ジャンダルム)
新潟メインのやまびこSの予想はこちら→(◎3番ジョーフォレスト)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA