【大阪杯】ワグネリアン ダービー馬の威光はまだ衰えない

 

こんばんわ、ウキョーです。
12頭立ての少頭数ではありますが、G1馬が5頭揃いました。
展開としては、逃げたい馬が見当たらず、平均~スローペースになるかと思います。

阪神芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ロードマイウェイ
2
2 サトノソルタス ×
3
3 ブラストワンピース
4
4 ワグネリアン
5
5 ラッキーライラック ×
6 レッドジェニアル × ×
6
7 ステイフーリッシュ ×
8 ダノンキングリー
7
9 マカヒキ × ×
10 ジナンボー ×
8
11 カデナ × ×
12 クロノジェネシス

【軸推奨馬】
◎ 4番ワグネリアン
○ 1番ロードマイウェイ
▲12番クロノジェネシス
△ 8番ダノンキングリー
× 3番ブラストワンピース

◎ワグネリアンは、相性の良いコースで【2 0 1 0】の安定感。また、相性の悪いコースでは、札幌記念、天皇賞(秋)で敗戦を重ねており、戦績面では大幅プラス。スピードランク3位で、良馬場で行われそうな馬場コンディションはアドバンテージになる。コース得意の福永騎手が、今度こそ勝利に導く。

○ロードマイウェイは、前走の金鯱賞で10着に大敗を喫したが、出遅れた上にブレスジャーニーと接触して最後方からと、最悪の競馬。今回は初騎乗の武豊騎手となるが、コース巧者なので乗り替わりは気にならない。圧巻だったチャレンジCの走りができれば、このメンバーに入っても通用するはず。

▲クロノジェネシスは、相性の良いコースのトータル成績が【3 0 0 1】で、馬券圏外は昨秋のエリザベス女王杯5着だけ。その後、同コースの京都記念を快勝しており、戦績面での不安材料はなくなった。不利枠を引いたことと、ランク外の北村友騎手がネックで単穴まで下げたが、力は上位なので、勝たれても不思議ではない。

△ダノンキングリーは、なるべく時計が速くなってほしい。×ブラストワンピースは、逆に時計がかかって連対圏。

阪神メインの大阪杯の予想はこちら→(◎3番キタノオドリコ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA