【大阪杯】サリオス 大金星に一縷の望みをかける

 

こんばんわ、ウキョーです。
コントレイルとグランアレグリアが強いのは百も承知です。死角を見つけるとしても、重箱の隅をつつくようなもの。
それでも、本命はサリオスにしました。理由は、後述します。

阪神芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 モズベッロ ×
2
2 サリオス  
3
3 アーデントリー × ×
4
4 ブラヴァス
5 ペルシアンナイト ×
5
6 ワグネリアン
7 コントレイル
6
8 レイパパレ
9 クレッシェンドラヴ × ×
7
10 カデナ × ×
11 ハッピーグリン × × ×
8
12 グランアレグリア
13 アドマイヤビルゴ

【軸推奨馬】
◎ 2番サリオス
○ 7番コントレイル
▲ 4番ブラヴァス
△13番アドマイヤビルゴ
× 8番レイパパレ

◎サリオスは、相性の良いコースで1戦しかしていないが、その1戦が去年の毎日王冠。1000m通過58.0秒の速めのペースを4番手追走から、ラスト11.8秒-11.9秒-11.7秒のハイラップで2着以下に3馬身差の圧勝。ライバルの2頭が相性の良いコースでの好走歴がないだけに、逆転のチャンスはある。

○コントレイルは、無敗の三冠馬で、今さら強さの説明は必要ない。今回は、対抗に落とした理由についてだけ書いておく。それは、去年のジャパンCを使ってしまったこと。適距離ではない菊花賞でタフなレースを強いられ、その疲れも癒えないままに、ハイペースのジャパンCで2着好走。調教を見る限り心配はないように見えるが、あの2戦の反動がどうしても気になる。

▲ブラヴァスは、相性の良いコースで【2 3 1 3】の安定感で、掲示板を外したのは若駒S8着と、前走の金鯱賞10着。またしても重馬場になりそうなのが心配ではあるが、前走の結果が同馬の力ではないはず。改めて見直したい。

△アドマイヤビルゴは、有利枠を利した展開待ち。×レイパパレは、とにかく時計が速くなってほしい。

中山メインの美浦Sの予想はこちら→(◎4番ハーメティキスト)




競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA