【クイーンS】ビーチサンバ 昨秋の輝きを取り戻す最後のチャンス

 

こんばんわ、ウキョーです。
ナルハヤ、タガノアスワド、コントラチェック、モルフェオルフェと逃げたいクチが揃って、ハイペースの消耗戦になりそうです。
スローの瞬発力勝負で結果を出してきた馬には、厳しい戦いが予想されます。

札幌芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 レッドアネモス × ×
2
2 スカーレットカラー
3
3 ナルハヤ ×
4 タガノアスワド
4
5 アロハリリー × ×
6 カリビアンゴールド
5
7 コントラチェック
8 フェアリーポルカ
6
9 ビーチサンバ
10 リープフラウミルヒ
7
11 モルフェオルフェ × ×
12 オールフォーラヴ
8
13 サムシングジャスト
14 シャドウディーヴァ × ×

【軸推奨馬】
◎ 9番ビーチサンバ
○10番リープフラウミルヒ
▲ 8番フェアリーポルカ
△ 2番スカーレットカラー
× 7番コントラチェック

◎ビーチサンバは、昨秋の秋華賞を1000m通過58.3秒のハイペースで逃げて、コンマ6秒差の5着に踏みとどまり、ローズSではスローペースで2着好走と、ペース不問の力を持っている。相性の良いコースでは【1 0 1 2】で、掲示板を外したことはない。2回の馬券圏外も、桜花賞5着、阪神牝馬S4着なら力も足りる。有利枠を引き、コース得意の福永騎手で待望の2勝目のチャンス。

○リープフラウミルヒは、相性の良いコースで【2 1 2 5】とそれほど強調できないが、昨夏の藻岩山特別(札幌芝1800m)を勝ってから掲示板を外さない安定感で、5歳になって本格化を迎えた。前走のマーメイドSは初の2000mで、テン乗りの国分優騎手と弱材料が重なったもので、ここで巻き返しを期待したい。

▲フェアリーポルカは、スピードランク3位で、時計が速くなっている今の札幌芝1800mは合っている。有利枠を引いて展開も向きそう。中山牝馬S、福島牝馬Sと重賞2連勝で、さらにその2戦ともに相性が良いコースと、まさにここを勝つためのローテーションだ。ただ、56キロを背負った馬が過去20年で【1 2 2 13】と、なかなか勝ち切れていない。

△スカーレットカラーは、56キロの克服が課題。×コントラチェックは、とにかく時計が速くなってほしい

新潟メインの関越Sの予想はこちら→(◎3番トリコロールブルー)




競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA