予想

ケイティブレイブ少頭数が奏功する【ラジオ日本賞】

こんばんわ、ウキョーです。
明日のオープン戦は、中山メインのラジオ日本賞です。
9頭立ての少頭数となり、馬券的な妙味はありませんが、ダート好きだから大丈夫!

 
中山ダ1800mのコースデータはこちら→

 
【予想優先順位】
1.タイム
2.騎手
3.展開
4.戦績
5.コース特性




【1.タイム】
 2番シンゼンレンジャー
 8番キクノソル
 9番トウシンイーグル
 3番ケイティブレイブ

マイナスポイント
→ 4番セイカアヴァンサ
→ 7番メイショウスミトモ

 
【2.騎手】
 3番ケイティブレイブ
 8番キクノソル
 5番ロワジャルダン
 7番メイショウスミトモ

 
【3.展開】
 6番ビービーバーレル
 3番ケイティブレイブ
 5番ロワジャルダン
 7番メイショウスミトモ

 
【4.戦績】
 2番シンゼンレンジャー
 5番ロワジャルダン
 1番ナリタポセイドン
 9番トウシンイーグル
 6番ビービーバーレル

マイナスポイント
→ 8番キクノソル
→ 4番セイカアヴァンサ
→ 7番メイショウスミトモ

 
【5.コース特性】
 3番ケイティブレイブ
 1番ナリタポセイドン
 2番シンゼンレンジャー
 4番セイカアヴァンサ

マイナスポイント
→ 7番メイショウスミトモ
→ 8番キクノソル
→ 9番トウシンイーグル

 
【軸推奨馬】
◎ 3番ケイティブレイブ
○ 2番シンゼンレンジャー
▲ 5番ロワジャルダン
△ 6番ビービーバーレル
× 9番トウシンイーグル

◎ケイティブレイブは、どちらかというと時計が速い方が良いタイプだが、この少頭数だとちょうど良いスピードになる。週中の雨の影響で、若干時計が速くなりそうなのは好材料だ。相性の良いコースで【0 0 2 1】とイマイチな成績だが、そこは有利枠と、コース得意の鞍上・蛯名正騎手の手腕で相殺できる。前走のレパードS(新潟ダ1800m)は相性の悪いコースなのだが、そのラップを見ると高評価。スタートから飛び出して、最後まで13秒台に落ちない猛ラップを踏みながら、勝ったグレンツェントとクビ差だから、とんでもない潜在能力を秘めている。

○シンゼンレンジャーは、相性の良いコースで【1 2 1 7】とそれほど強調できないが、相性の悪いコースで11連敗しており、戦績面では申し分ない。時計が速いコースはあまり得意ではないので、時計がかかる中山ダ1800mは向いている。典型的な叩き良化型タイプで、休み明け4戦目の今回は絶好の狙い目で、さらに今回は有利枠まで引けたとなれば、逆転の目もある。

▲ロワジャルダンは、相性の良いコースのトータル成績が【4 2 1 2】で、掲示板を外したことが一度もない安定感は、今回のメンバーの中では頭ひとつ抜けている。馬券圏外となった2戦も、昨年のチャンピオンズC(中京ダ1800m)4着と、今年のフェブラリーS(東京ダ1600m)5着だから、実績面でも他馬の追随を許さない。ただ、とにかく時計勝負に強いタイプなので、本質的に中山ダ1800mは向かないのだが、そこはコース得意の鞍上・戸崎騎手がなんとかしてくれるはず。

△ビービーバーレルは、なるべく時計が速くなってほしい。×トウシンイーグルは、逆に時計がかかって連対圏。

 

阪神メインのオークランドRCTの予想はこちら→(◎2番アドマイヤランディ)
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA