【皐月賞】ステラヴェローチェ 大混戦の3歳牡馬戦線は朝日杯FS組が強い

 

こんばんわ、ウキョーです。
土曜の中山は、予報より雨が遅く、時計は速くなっていました。
ただ、そこから雨が降り続けているので、明日の中山芝は時計がかかるタフな馬場になっていると思います。スピードタイプには厳しい馬場状態となりそうです。
スピードランク上位は、レッドベルオーブ、シュヴァリエローズ、ワールドリバイバル、アドマイヤハダル、ダノンザキッドです。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アドマイヤハダル ×
2 ルーパステソーロ     ×
2
3 ステラヴェローチェ
4 イルーシヴパンサー    
3
5 ヴィクティファルス    
6 ヨーホーレイク    
4
7 エフフォーリア  
8 ダノンザキッド  
5
9 ラーゴム  
10 シュヴァリエローズ ×   ×  
6
11 ディープモンスター  
12 ワールドリバイバル ×      
7
13 タイトルホルダー ×  
14 アサマノイタズラ × × ×
8
15 グラティアス ×
16 レッドベルオーブ ×    

【軸推奨馬】
◎ 3番ステラヴェローチェ
○ 8番ダノンザキッド
▲ 7番エフフォーリア
△13番タイトルホルダー
× 1番アドマイヤハダル

◎ステラヴェローチェは、前々走の朝日杯FSが前半800m45.2秒-後半800m47.1秒の超ハイペースで、上がり最速の33.5秒で2着好走。3着から6着がコンマ2秒差の間にひしめく中、自身はコンマ3秒前におり、実力の違いを見せつけた。前走は直線手前で不利がありながら、最後まで脚色は衰えていなかった。できれば偶数番がほしかったが、G1戴冠の素質は十分にある。

○ダノンザキッドは、ここまでのキャリア4戦がすべて上り最速の斬れ者。それだけに馬場悪化は好ましくないが、前走の弥生賞は負けはしたものの見どころはあった。そもそも右回りでは手前替えがぎこちなかったが、ラスト1Fで手前を替えてからの推進力は目を見張った。あの敗戦で課題を克服できていれば、逆転の目もある。

▲エフフォーリアは、前々走の百日草特別がレースタイム差+0.3、前走の共同通信杯がレースタイム差+-0で、現状は時計がかかった方が良いタイプで、週末の雨は良いタイミング。前走はスローペースだったとはいえ、ラスト4Fが45.7秒というハイラップ。差がつきにくいはずの超瞬発力勝負で、2着以下に2馬身半差だから強かった。

△タイトルホルダーは、とにかく時計がかかってほしい。×アドマイヤハダルは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神メインのアンタレスSの予想はこちら→(◎8番ヒストリーメイカー)
新潟メインの福島民報杯の予想はこちら→(◎3番ドリームソルジャー)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA