【秋華賞】ミヤマザクラ 無敗の三冠阻止はこの馬に託した

 

こんばんわ、ウキョーです。
同世代の戦いなら、デアリングタクトの力が抜けていると思うのですが、コース相性はまったく良くないですね。
ただ、桜花賞もオークスも、同じような状況でした。それを覆しての圧巻勝利でしたから、ここも難なく突破しちゃうかもしれません。

京都芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ミヤマザクラ
2 リアアメリア
2
3 マルターズディオサ
4 ホウオウピースフル
3
5 ウインマイティ― ×
6 ダンツエリーゼ
4
7 ムジカ
8 ソフトフルート
5
9 サンクテュエール
10 クラヴァシュドール
6
11 フィオリキアリ ×
12 マジックキャッスル ×
7
13 デアリングタクト
14 オーマイダーリン ×
15 ミスニューヨーク ×
8
16 パラスアテナ ×
17 ウインマリリン
18 アブレイズ × ×

【軸推奨馬】
◎ 1番ミヤマザクラ
○ 2番リアアメリア
▲17番ウインマリリン
△ 7番ムジカ
×10番クラヴァシュドール

◎ミヤマザクラは、同コースで行われた2歳時の京都2歳の走りが、いまだに忘れらない。今になってみれば相手が弱かったとも言えるが、2歳戦の2000m以上オープン戦で連対を果たした牝馬は過去に3頭しかおらず、その内2頭は古馬になってからも重賞で連対を果たしている。重馬場の桜花賞では3-3-8とポジションを下げながら5着健闘。3冠最終戦で、今度こそ戴冠を果たす。

○リアアメリアは、前走のローズSが強い内容。春は折り合いを気にしてか思い切った競馬ができずにいたが、ローズSでは積極的に2番手追走。上り11.6秒-11.3秒-11.6秒と最後まできっちり脚を使って後続に2馬身差だから、春からの成長がはっきり現れていた。ただ、スローの瞬発力勝負に強いタイプで、ペースが上がりやすい京都芝2000mで展開が微妙なので、対抗に落とした。

▲ウインマリリンは、相性の良いコースのトータル成績が【3 1 0 0】の好成績で、その中身もフローラS勝ちにオークス2着だから、今回のメンバーでは頭ひとつ抜けている。さらに、唯一の馬券圏外となった若竹賞(中山芝1800m)が相性の悪いコースなので、まさに狙いすましたローテーションである。時計がかかった方が良いタイプで、今の京都芝のコンディションもバッチリだ。

△ムジカは、とにかく時計がかかってほしい。×クラヴァシュドールは、逆に時計が速くなって連対圏。

東京メインのオクトーバーSの予想はこちら→(◎8番ロシュフォール)
新潟メインの信越Sの予想はこちら→(◎5番アバルラータ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA