予想

【スプリンターズS】ウインマーベル 克服すべき課題は多いが成長力に期待

こんばんわ、ウキョーです。
凱旋門賞は、ドウデュースに頑張ってほしい! タフなレース経験が乏しいので苦戦は必至だとは思いますが、まだ底を見せていないだけに、未知の力を見せてほしい。

さて、土曜の中山芝は、馬場差-0.7の高速馬場でした。スプリンターズSも、1分7秒台前半、もしくは6秒台も視野に入りました。

スピードランク上位は、ヴェントヴォ―チェシュネルマイスターテイエムスパーダウインマーベルラヴィングアンサーです。

中山芝1200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 テイエムスパーダ
2 ジャンダルム ×
2
3 メイショウミモザ
4 ダイアトニック
3
5 エイティーンガール × ×
6 ナランフレグ
4
7 ウインマーベル
8 ファストフォース ×
5
9 ナムラクレア ×
10 タイセイビジョン ×
6
11 トゥラヴェスーラ × ×
12 ヴェントヴォ―チェ
7
13 メイケイエール
14 ラヴィングアンサー ×
8
15 シュネルマイスター
16 マリアズハート × ×

【軸推奨馬】
◎ 7番ウインマーベル
○15番シュネルマイスター
▲ 1番テイエムスパーダ
△12番ヴェントヴォ―チェ
×13番メイケイエール

◎ウインマーベルは、相性の良いコースで【2 2 3 0】の安定感。3歳馬ながら、これだけの戦績を残せていれば、G1でも通用する。1200mの持ち時計はないものの、橘Sではレースタイム差-2.6の高速決着を制しており、時計勝負になっても問題ない。左回りを4回連続して使ってきて、前走でキーンランドCを使ったことは好感が持てる。

○シュネルマイスターは、NHKマイルC勝ちに、マイルCS、安田記念で2着と、今回のメンバーでは実績随一。スピードランク2位で、高速決着が想定される今回は絶好の舞台。とはえい、今回が初の1200m戦。G2、G3ならともかく、さすがに猛者が勢揃いするG1では、力を認めても対抗まで。

▲テイエムスパーダは、レースタイム差-2.8の超高速決着だったCBC賞を逃げ切っているように、時計勝負はどんと来い。すんなり逃げられる最内枠もアドバンテージ。

△ヴェントヴォ―チェは、なるべく時計が速くなってほしい。×メイケイエールは、有利枠を利した展開待ち。

中京メインのポートアイランドSの予想はこちら→(◎2番フォルコメン)


応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA