【スワンS】アルーシャ 差し場が生まれる当コースなら巻き返し必至

 

こんばんわ、ウキョーです。
アドマイヤマーズ、サウンドキアラといった強豪が出走してきましたが、本番を見据えた両頭は押さえに回して、ここはアルーシャに期待します。
ここまで重賞では結果を出していませんが、前走の京成杯AH6着には見どころがありました。

京都芝1400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 サウンドキアラ      
2 アドマイヤマーズ
2
3 ロケット      
4 カツジ ×    
3
5 メイショウオーパス      
6 シヴァージ
4
7 ベステンダンク ×      
8 レインボーフラッグ × ×
5
9 カテドラル      
10 ボンセルヴィーソ   ×
6
11 タイムトリップ ×   ×    
12 プロディガルサン        
7
13 キングハート ×
14 アルーシャ
8
15 スマートオーディン ×  
16 ステルヴィオ    

【軸推奨馬】
◎14番アルーシャ
○ 6番シヴァージ
▲ 2番アドマイヤマーズ
△16番ステルヴィオ
× 5番メイショウオーパス

◎アルーシャは、相性の良いコースで【3 0 2 3】とまずまず。掲示板を外したのが京都牝馬Sと京成杯AHなので、正直なところ力関係の点では格下の感は否めない。それでも、前走は55キロのハンデを背負いながら、上り最速の34.7秒でコンマ4秒差ならめどは立った、今回は有利枠も引けて、鞍上はコース得意の武豊騎手に乗り替わり。強敵相手でも狙う価値はある。

○シヴァージは、相性の良いコースで【1 0 0 1】。負けたのは、初芝だった阪神C7着だけ。その阪神Cでは、初芝というこもあってかポジションを取りに行く競馬で、最後は脚が止まってしまった。グランアレグリアには離されたが、2着フィアーノロマーノとはコンマ5秒差。それ以来の1400m戦となるが、今なら違った戦法で戦えるはず。コース得意の藤岡佑騎手への手戻りは強材料。

▲アドマイヤマーズは、相性の良いコースでは2戦して、デイリー杯2歳Sと朝日杯FSを勝っている。実績面では、他の追随を許さない。スピードランク10位と、このメンバーにはいるとスピード不足なので、時計がかかっている最終週の芝コンディションはアドバンテージになる。5か月の休養明けで、本番を先に見据えていることから、ここでは単穴評価まで。

△ステルヴィオは、とにかく時計が速くなってほしい。×メイショウオーパスは、有利枠を生かすことができれば。

東京メインのアルテミスSの予想はこちら→(◎16番ヴァ―チャリティ)
新潟メインのフルーツラインCの予想はこちら→(◎1番ココロノトウダイ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA