【天皇賞(秋)】キセキ 打倒アーモンドアイの一番手はこの馬に託す

 

こんばんわ、ウキョーです。
デアリングタクト、コントレイルに続き、今週はアーモンドアイが前人未到の記録に挑みます。
G1レース8勝は至難の業だといわれますが、テイエムオペラオーやディープインパクトの時代に大阪杯がG1なら、たぶんG1レース8勝は達成できただろうし、ルドルフの時代に海外遠征が頻繁に行われていれば、また然りでしょうから、アーモンドアイなら達成可能な記録ではないでしょうか。

東京芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ブラストワンピース      
2
2 カデナ × ×   ×
3
3 ダイワキャグニー  
4
4 ダノンキングリー ×
5
5 ウインブライト × ×  
6 フィエールマン  
6
7 クロノジェネシス × ×
8 キセキ
7
9 アーモンドアイ
10 スカーレットカラー ×    
8
11 ダノンプレミアム  
12 ジナンボー    

【軸推奨馬】
◎ 8番キセキ
○ 9番アーモンドアイ
▲ 6番フィエールマン
△11番ダノンプレミアム
× 1番ブラストワンピース

◎キセキは、相性の良いコースのトータル成績が【1 2 2 1】で、掲示板を外したことは一度もない。唯一馬券圏外を外したのは、デビュー2戦目のセントポーリア賞(東京芝1800m)5着だから、戦績面では申し分ない。レースタイム差+1.3の宝塚記念、同+0.9の京都大賞典で連続2着と好走しているが、スピードランク5位で、本来は時計勝負になった方が良いタイプ。騎手項目に加点はないが、鞍上武豊騎手はランク7位だから、マイナス材料にはならない。

○アーモンドアイは、相性の良いコースのトータル成績が【5 1 1 0】の安定感で、中身もG1レース4勝と圧倒的。唯一の馬券圏外となった有馬記念は相性の良いコースではないので、ローテーションとしては文句なし。昨年の天皇賞(秋)の走破タイムが1.56.2で、とにかく時計勝負に強いスピードタイプで、良馬場で行われるのは何よりのアドバンテージ。一戦一戦が全力投球の馬なので、休み明けから力は出せる。

▲フィエールマンは、相性の良いコースで走ったのはデビュー戦(東京芝1800m)1着だけで、天皇賞(秋)を狙うようなローテーションとはいえない。ただ、スピードランク4位で、時計面では十分に足りる。また、今回は有利枠を引き、鞍上がコース得意の福永騎手なら、逆転の目は十分にある。

△ダノンプレミアムは、とにかく時計が速くなってほしい。×ブラストワンピースは、逆に時計がかかってほしい。

京都メインのカシオペアSの予想はこちら→(◎8番ボッケリーニ)
福島メインの福島民友Cの予想はこちら→(◎2番オーヴェルニュ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA