【天皇賞(春)】ディープボンド 力の要る阪神芝3200mならG1初制覇のチャンス

 

こんばんわ、ウキョーです。
土曜日の阪神芝は、馬場差-2.3の高速馬場でした。まったく雨の影響を感じさせません。
阪神芝3200mは、ゴール前の急坂を2回のぼり、後半は内回りになります。消耗戦になりやすいコースといえます。
スピードとスタミナを兼備していないと厳しいと思われます。メンバーは低調ですが、レース自体はレベルが高くなりそうです。

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ワールドプレミア      
2 アリストテレス    
2
3 カレンブーケドール ×
4 シロニイ ×        
3
5 ディアスティマ  
6 マカヒキ   ×  
4
7 ユーキャンスマイル  
8 ディバインフォース    
5
9 ジャコマル     ×  
10 ゴースト  
6
11 メイショウテンゲン    
12 ディープボンド      
7
13 ナムラドノヴァン    
14 ウインマリリン    
8
15 オセアグレイト    
16 メロディーレーン ×   ×  
17 オーソリティ    

【軸推奨馬】
◎12番ディープボンド
○17番オーソリティ
▲14番ウインマリリン
△ 3番カレンブーケドール
×13番ナムラドノヴァン

◎ディープボンドは、前走の阪神大賞典が高評価。1000mごとのラップが62.4秒-63.2秒-61.7秒の平均ペースを、4番手追走から上がり最速で、2着以下に5馬身差の圧勝。馬場に助けられたと言われることも多いが、消耗戦で結果を出せたことは今回につながる。また、レースタイム差-2.2の京都新聞杯勝ちもあり、スピードも十分に足りる。

○オーソリティは、重賞実績が東京に偏っているのが気になるが、スタミナは抜群。前走のダイヤモンドSでは、1000m通過63.8秒-2000m通過127.5秒のスローペースを折り合いぴったりで4、5番手追走から2着。最後の最後に差されたものの、豊富なスタミナは証明できた。タフになればなるほど、同馬にはアドバンテージになる。

▲ウインマリリンは、前走が相性の良いコースで行われた日経賞(中山芝2500m)勝ち。ここでも人気のワールドプレミア、カレンブーケドールに先着している割に人気がなく、妙味は十分。

△カレンブーケドールは、なるべく時計が速くなってほしい。×ナムラドノヴァンは、逆に時計がかかって連対圏。

東京メインのスイートピーSの予想はこちら→(◎2番グローリアスカペラ)
新潟メインの吾妻小富士Sの予想はこちら→(◎7番ライトウォーリア)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA